「石川県出身」の好きな有名人ランキング! 2位「松井秀喜」、1位は?

All About ニュース編集部は、石川県出身の有名人に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では、石川県出身の好きな有名人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:Amazon)

All About ニュース編集部は8月7日~9月5日、全国10~60代の298人を対象に「石川県出身の有名人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「石川県出身の好きな有名人」ランキングの結果を紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:松井秀喜

​​​​​​​『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(集英社文庫)※画像出典:Amazon
『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(集英社文庫)※画像出典:Amazon
2位には「松井秀喜」さんがランクインしました。1974年生まれ、石川県能美郡根上町(現:能美市)出身の松井さんは、「ゴジラ」の愛称で親しまれた元プロ野球選手。星稜高校で大活躍すると1992年にドラフト1位で巨人に入団し、数々の記録を打ち立てます。

2003年からはメジャーリーグに挑戦し、アメリカでも長距離打者として大活躍。世界を代表するプロ野球選手として認められます。2012年12月に引退を表明し、2013年には国民栄誉賞を受賞するなど石川県を代表する有名人の1人です。

石川県能美市には、松井さんが歩んだプロ野球人生を体感できる「松井秀喜ベースボールミュージアム」が建造されるなど、県民から愛されているスポーツ選手として知られています。

回答者からは、「知名度も野球界に対する貢献度も松井選手が一番高い」(岐阜県/40代女性)、「世界にその名を轟かせた神だと思う」(東京都/50代女性)、「野球で感動を与えてくれたから」(新潟県/40代男性)といった意見が挙がりました。

1位:浜辺美波

1位は俳優の「浜辺美波」さんでした。2000年生まれで石川県出身の浜辺さんは、2011年に開催された「第7回東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞したのをきっかけに芸能界デビュー。

ドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)の演技が注目されると、2017年に公開された映画『君の膵臓をたべたい』で日本アカデミー賞新人賞を獲得。

その後も順調にドラマや映画に出演し、2023年にはNHK朝の連続テレビ小説『らんまん』にてヒロインの寿恵子役を演じました。日本中を感動的な演技で包み込んだ浜辺さんは、11月3日に公開予定の映画『ゴジラ-1.0』に出演。『らんまん』で夫婦役を演じた神木隆之介さんと再びタッグを組みます。

回答者からは、「今や人気の女優!誇らしい実績もあり石川県のスーパースター」(石川県/30代男性)、「朝ドラを見てファンになりました」(静岡県/30代女性)、「ザ・北陸美人という感じで透明感がすごいから」(東京都/20代女性)といった意見が挙がりました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化