「二宮和也」がはまり役だったと思う映画ランキング! 2位『暗殺教室』を抑えた1位は?

歌やダンス、演技など、多岐にわたる才能を持つ二宮和也さん。この記事では、編集部が実施したアンケートの結果を基に、「二宮和也さんがはまり役だったと思う映画ランキング」を発表します。(画像出典:嵐の公式Instagram)

歌やダンス、演技など、多岐にわたる才能を持つ二宮和也さん。All About ニュース編集部は、9月8〜20日にかけて二宮和也さんに関するアンケートを実施しました。

この記事では、アンケートで得た全国10~60代の254人の回答を基に、「二宮和也さんがはまり役だったと思う映画ランキング」を発表。上位にはどんな作品が選ばれたのでしょうか?

>12位までの全ランキング結果を見る
 

2位:『暗殺教室』(声優として出演)

ランキング2位は、2015年公開の『暗殺教室』です。『週刊少年ジャンプ』の人気漫画を実写化した同作において、二宮さんは落ちこぼればかりが集まったクラス「3年E組」の担任・殺せんせーの声優を務めました。地球を破壊するほどの力を持ちながらどこか抜けており、生徒に優しく寄り添う殺せんせーにぴったりのコミカルな声を披露しています。

アンケートの回答者からは、「殺せんせーの役に声も人間の時の再現シーンも違和感がなさすぎて二宮以外考えられない(30代女性)」「明るさの中にミステリアスな部分も入っていて、本人に合っていた(20代女性)」といったコメントが寄せられました。

1位:『硫黄島からの手紙』

1位に輝いた映画は、2006年公開の『硫黄島からの手紙』です。第2次世界大戦中の過酷な日本兵の姿を描いた本作で、二宮さんは妻子を思いながら戦う・西郷昇を演じました。仲間を失った悲しみや家族への愛情、生き延びたい願望を純粋に表現した二宮さんの演技は、国内外で高く評価されています。

アンケートのコメント欄には、「必死で生きようとする生き様がかっこよかったです(30代男性)」「硫黄島での戦争という難しいテーマの映画ではあったが、見ているものが引き込まれる演技、忘れられないくらいの存在感をしっかり残していた映画だと想う(20代女性)」などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>12位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在