「二宮和也」がはまり役だったと思うドラマランキング! 2位『VIVANT』、1位は?

アイドルグループ「嵐」のメンバーであり、YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」でも話題の二宮和也さん。この記事では、編集部の独自アンケートの結果を基に、「二宮和也さんがはまり役だったと思うドラマランキング」を紹介します。(画像出典:『VIVANT』の公式Instagram)

アイドルグループ「嵐」のメンバーであり、近年ではYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」のリーダーとしても話題の二宮和也さん。All About ニュース編集部は、そんな二宮和也さんに関するアンケートを9月8日~9月20日の期間に実施しました。

この記事では、アンケートの集計結果の中から「二宮和也さんがはまり役だったと思うドラマランキング」を発表。全国10~60代の254人から特に多くの票を集めたドラマを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る
   

2位:『VIVANT』(TBS系)

ランキング2位のドラマは、2023年放送の『VIVANT』(TBS系)です。堺雅人さん、阿部寛さんなど豪華なメンバーが名を連ねる同作において、二宮さんは秘密組織・テントのナンバー2「ノコル」役を務めました。父を尊敬する思いや主人公への嫉妬を細やかに表現した演技に対し、称賛の声が多数寄せられています。

アンケートの回答には、「モンゴル人という今までにない役だったけど、ニノ以外には有り得なかったんじゃないかと思う(50代女性)」「あまり長いセリフはないですが、短いながらにも怖さだったり、怪しんでいるような感情が伝わってくるところが、さすがだと思います(40代女性)」などのコメントが見られました。

1位:『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)

ランキング1位は、2010年放送のドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)です。二宮さんは勤めていた会社を辞めてフリーターとなった主人公の「武誠治」役を務め、一家の大黒柱として奮闘する青年を見事に演じました。

アンケートのコメント欄には、「ほんとにいそうな青年役がすごくはまっていた(30代女性)」「フリーター役がインドア派の二宮に合っていた(30代男性)」などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」