『ザ・ノンフィクション』出演で話題のゲーム芸人、認知症の父思い涙「元気なときだったらどんなことを言ってくれたのか」

ゲーム芸人のフジタさんが、フジテレビ系列で放送された『ザ・ノンフィクション』に出演。父の介護に直面し、奮闘する姿が反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:フジタさんInstagramより)

『放送後にフジタが泣いた理由』

 

若い頃の父とフジタさん

 

『あの日 僕を捨てた父は2~孤独な芸人と家族の再生~ 前編』

 

『あの日 僕を捨てた父は2 ~孤独な芸人と家族の再生~後編』

 


<記事に戻る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】