歌がうまいと思う「GENERATIONS」のメンバーランキング! 1位「数原龍友」、2位は?

高い人気を誇る「GENERATIONS」について、All About ニュース編集部では独自のランキングを作成しました。この記事では、歌がうまいと思う「GENERATIONS」のメンバーランキングの結果を紹介します。(画像出典:LDH公式Webサイト)

「GENERATIONS」は、2012年11月のデビュー以来全シングルがオリコンチャートTOP10入りを果たすなど名曲を量産してきました。『NHK紅白歌合戦』にも出場し、その歌声は広く知れ渡っています。

All About ニュース編集部は7月10日~8月24日、全国10~70代の192人を対象に「GENERATIONS」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「歌がうまいと思うGENERATIONSのメンバー」ランキングを紹介します。

>3位までの全ランキング結果を見る

2位:片寄涼太

2位にランクインしたのは、「片寄涼太」さんでした。同グループにボーカリストとして加入した片寄さんは、端正なルックスと甘い歌声が魅力。2020年1月には、楽曲『Possible』を配信してソロデビューを果たしています。

2023年10月5日から放送予定のドラマ『推しが上司になりまして』(テレビ東京系)に出演予定で、片寄さんはオープニングテーマ曲『Dance the life away』を務めます。

今回の新作ドラマだけでなく俳優業が好調で、これまで『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)や、映画『兄に愛されすぎて困ってます』『午前0時、キスしに来てよ』などに出演。マルチな活躍が認められ、2019年には米Varietyとマカオ国際映画祭が選ぶ「アジアの次世代スター8人」に選出されています。

回答者からは、「優しい歌声がとてもきれいだと思います」(兵庫県・20代男性)、「オーディションの時と比べると、とても成長したと思うから」(東京都・20代女性)、「高音も低音も出せて、魅力的な歌声だから」(兵庫県・30代女性)といった意見があがりました。

1位:数原龍友

画像出典:LDH公式Webサイト
画像出典:LDH公式Webサイト​​​​​​
1位にランクインしたのは、「数原龍友」さんでした。片寄さんと同じくボーカリストとして同グループに加入し、ワイルドな見た目とセクシーで艶のある歌声が特徴的。

ソロでは『Nostalgie』、『もう一度君と踊りたい』、『タイムカプセル』、『Beautiful Sunset』をリリースしています。

グループで参加したABEMA特別番組『GENERATIONS 24時間テレビ 24時間いろんなライブできるかなぁ?』では、クリスマスライブを行い透明感のある美しい歌声を披露。さらに、『THE FIRST TAKE』では『Love You More』を歌い上げ、高い評価を得ています。

回答者からは、「上手なのはもちろん、どんな音域、楽曲でも、しっかり声がのっていますし、安定感があります」(兵庫県・30代女性)、「パワフルだが荒削りではなく繊細な表現力が上手いと思う」(兵庫県・40代男性)、「イカつい見た目とキレイな声のギャップがすごくて、うまいとおもう」(東京都・20代男性)といった意見があがりました。

※回答者のコメントは原文ママです

>3位までの全ランキング結果を見る

【GENERATIONSのCDやBlu-rayをチェック!】

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」