もらってうれしい「京都府」のお土産ランキング! 2位「千枚漬」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「京都府のお土産」に関する独自アンケート調査の結果から「もらってうれしい京都府のお土産」を発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。

All About ニュース編集部は9月13~19日、全国10~60代の193人を対象に「京都府のお土産」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「もらってうれしい京都府のお土産」ランキングを紹介します!

>8位までの全ランキング結果を見る

3位:京ばあむ

3位は「京ばあむ」でした。抹茶生地と豆乳生地のコントラストが美しい三層のバームクーヘンです。
京ばあむ(画像出典:Amazon)
京ばあむ(画像出典:Amazon
「京都を代表するバームクーヘンで、抹茶が入ってるのがいいのと、紙袋も可愛い」(20代女性/大阪府)、「実際に人からお土産として頂いたのですが、まず箱が素敵でテンション上がるし食べてもすっごく美味しくて嬉しかった」(20代女性/神奈川県)など、おいしさに加えて紙袋やパッケージへの好意的なコメントが多数。

また、「一度もらった時にとても美味しくて周りでも好評だったから」(30代女性/香川県)、 「京ばあむは今まで食べた抹茶味のスイーツの中でもトップクラスに美味しかったです。自分と家族で分けて食べましたがとても好評でした」(10代女性/埼玉県)とおいしいのはもちろん、家族、友人と共有できる点もうれしいポイントのようです。

2位:千枚漬

2位は「千枚漬」がランクイン。「すぐき漬」「しば漬」と並ぶ京都三大漬物の1つです。
千枚漬
千枚漬
「本場の千枚漬けは値段が高く、普段なかなか買えないので、お土産でもらうと嬉しいです」(40代女性/北海道)、「ちょっと高級な感じのする漬物で特別感があるから」(30代女性/栃木県 )など、高級な食べ物なのでもらえるとうれしいというコメントが多く寄せられました。

また、 「ご飯のお供に最適です。毎日でもいけます」(40代女性/福島県) 、 「量が少ないし食事と一緒に消費できるので困らない」(40代女性/神奈川県) といったご飯のお供として食べられるなどの声もありました。

1位:生八ツ橋

1位は「生八ツ橋」でした! ニッキを混ぜた独特な生地が代表的であんこなどを包んだ京都の代表的なお菓子です。
生八つ橋
生八ツ橋
「子どもの頃から京都土産としてもらい続けているにもかかわらず、やわらかい生地と表面についた粉の組み合わせに飽きないためです」(40代男性/千葉県)、「THE京都を感じますし、お土産でもらうとすごく嬉しい和菓子です」(40代女性/東京都) 、「京都と言えば生八ツ橋だと思ったからです。過去に貰って美味しかったからです」(40代男性/北海道)など、京都といえば生八ツ橋というイメージから、もらえるとうれしいという声が多数。

また、「もちもちしていて中のあんこがいい塩梅の量で余ったらしさがなくて、もらって嬉しいお土産でも最高だから」(40代女性/熊本県)、「もちっとした食感が美味しく、たまに食べたくなるので、もらっても嬉しいです」(20代男性/大阪府)と、もちもちとした食感が好きだというコメントも多く寄せられました。

さらに「生八ツ橋は、食感とニッキの甘さがやみつきになります。生八橋を食べて口が甘くなったら、千枚漬けでリセットして、また生八橋を食べ、永遠に食べ続けられます」(30代女性/宮崎県)といった京都の代表的なお土産を交互に食べるとおいしいといったユニークなコメントもありました。

以上、もらってうれしい京都府のお土産ランキングを紹介しました。京都へ行く機会があれば、ぜひ購入を検討してみては。

>8位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは