スターダスト所属の「活躍していると思う男性俳優」ランキング! 同率2位「横浜流星」「北村匠海」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「スターダスト所属の男性俳優」に関するアンケート調査を実施。スターダスト所属の「活躍していると思う男性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:横浜流星さん公式Instagramより)

ドラマや映画のみならず、CMや雑誌などあらゆるメディアで活躍する男性俳優たち。大手芸能事務所の『スターダストプロモーション』にも、今旬の俳優たちが数多く所属しています。

All Aboutニュース編集部は8月17日~9月18日、全国10~60代の男女295人を対象に「スターダスト所属の男性俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「スターダスト所属の活躍していると思う男性俳優」ランキングを紹介します!

>15位までの全ランキング結果
 

同率2位:北村匠海

同率2位、1人目は北村匠海さんです。2008年に映画『DIVE!!』で俳優デビュー。2017年公開の映画『君の膵臓をたべたい』では浜辺美波さんとW主演を、2020年公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』では単独主演を務め、大きな話題を呼びました。

また俳優業以外に、ダンスロックバンド『DISH//』に所属。メインボーカル兼ギターを担当しています。2017年発売の10thシングル『僕たちがやりました』のカップリング曲として歌手のあいみょんさんが作詞作曲した『猫』が、国内最大のYouTube音楽チャンネル「THE FIRST TAKE」の投稿により大ブレーク。2023年4月には2億回再生を突破する大ヒットを記録しました。

アンケート回答者からは「俳優としてアーティストとして、忙しく活躍されているなぁと感じているので」(50代女性)、「ドラマや映画で主役を務めていることが多いから」(20代女性)、「ドラマ、映画、歌手と幅広く活躍しているので」(40代女性)などのコメントが寄せられています。
 

同率2位:横浜流星

同率2位、2人目は横浜流星さんです。『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)や『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)など、数々のヒットドラマに出演。2025年放送予定のNHK大河ドラマ『べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~』の主演も決定しています。

極真空手初段を所有し、世界大会優勝の経験を持つなど異色の経歴を持つ横浜さん。ドラマや映画だけでなく、ポテトチップスの『ピュアポテト』(湖池屋)や洗剤『NANOX one』(ライオン)の新CMにも起用されるなど、テレビで見ない日はないほど活躍しています。

アンケートの回答では「芸能ニュースでも名前を聞かない日はないぐらいよく目にする」(50代女性)、「大河ドラマが決まり楽しみにしています」(40代女性)、「よく雑誌で見かけたり、ドラマに出てたり、ネットで名前をよく見る」(40代女性)といった声が多く寄せられました。
 

1位:山崎賢人

1位にランクインしたのは、山崎賢人さん(崎はたつさき)です。数多くの実写化映画の主演を務め、シリーズ3作目となる映画『キングダム 運命の炎』は興行収入が51.3億円を突破する大ヒットを記録。早くも4作目の公開が決定となりました。

また7月にはファッション誌『MEN’S NON-NO』(集英社)で、自身がアンバサダーを務めるファッションブランド『SAINT LAURENT(サンローラン)』の新作コレクションを身にまとい、クールな表紙を飾ったことでも話題を呼びました。

アンケートの回答では「いろんなドラマや映画に出ていてよく見るから」(20代女性)、「大作に主演しつづけているから」(30代男性)、「次から次にいろんな映画の主役に抜擢されているから」(30代女性)といったコメントが寄せられました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:15位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」