スターダスト所属の「演技がうまいと思う男性俳優」ランキング! 3位「窪田正孝」「柳楽優弥」、TOP2は?

All About ニュース編集部は、「スターダスト所属の男性俳優」に関するアンケート調査を実施。スターダスト所属の「演技がうまいと思う男性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:窪田正孝さん公式Instagramより)

実力派俳優が多く所属していると言われる芸能事務所『スターダストプロモーション』。映画やドラマの主演を務める俳優も勢揃いです。

All Aboutニュース編集部は8月17日~9月18日、全国10~60代の男女295人を対象に「スターダスト所属の男性俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「スターダスト所属の演技がうまいと思う男性俳優」ランキングを紹介します!

>15位までの全ランキング結果
 

同率3位:柳楽優弥


同率3位、1人目は柳楽優弥さんです。2004年公開の是枝裕和監督の映画『誰も知らない』で俳優デビュー。演技経験ゼロの中主演に抜てきされ、カンヌ国際映画祭で日本人初の最優秀男優賞を受賞し大きな話題を呼びました。

2008年に一時芸能活動を休止していましたが、その後は多くの映画やドラマに出演。21日にはディズニー公式動画配信サービス・Disney+で配信され好評を博した主演ドラマ『ガンニバル』のシーズン2制作が発表されました。

回答者からは「どんな役割でも全く違和感のない自然な演技ができると思うから」(40代女性)、「惹きつけられるものがあるから」(30代女性)、「本心から役になりきろうとしていることが伝わるから」(30代女性)といったコメントが寄せられています。
 

同率3位:窪田正孝


同率3位、2人目は窪田正孝さんです。2006年に放送されたドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』(フジテレビ系)で連ドラ初出演にして主演を飾りました。

また、主演を務めた『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)シリーズや、NHK連続テレビ小説『エール』などの好演が反響を呼び、実力派俳優として名をはせています。

9月1日から公開されている主演映画『スイート・マイホーム』は、バディ役としても共演経験のある斎藤工さんの監督作品。幸せな家庭が新居への引越しにより恐怖のどん底に突き落とされるという、本格ホラーサスペンスを熱演しています。

回答では「幅広いジャンルの役柄を上手く演じているから」(40代男性)、「代表作があり、演技力も認められている俳優さんだから」(60代女性)、「役によって全く別の人に見えるので」(30代女性)などの声が多く上がりました。
 

2位:山崎賢人


2位にランクインしたのは、山崎賢人さん(崎はたつさき)です。ドラマや映画の主演に引っ張りだこで、2024年1月には大人気漫画が原作の主演実写化映画『ゴールデンカムイ』の公開が控えています。

実写化映画への出演が多い山崎さんですが、爽やかなイケメン役からリーゼントやピンク髪といった二次元キャラクターに寄せた役まで幅広く演じ、多くの作品でハマり役と称されています。

回答者からは「キングダムをずっと見ていて感動するくらい演技が上手い」(40代女性)、「明るい性格や暗い性格の役柄もうまくこなせるから。どの役もできる」(20代女性)、「スターダストと言えばの王道の俳優さん」(30代女性)などのコメントが寄せられました。
 

1位:山田孝之


1位にランクインしたのは、山田孝之さんです。2003年に初主演したドラマ『ウォーターボーイズ』(フジテレビ系)が反響を呼び大ブレーク。

山田さんはカメレオン俳優と呼び声高く、はかない青年や闇金社長、クールな不良、お人好しの勇者、星など、どんな役を演じても世界観に溶け込む演技力は圧巻です。

回答コメントでは「役作りが素晴らしいほか、演技力が抜群で好きです」(30代女性)、「カメレオン俳優と呼ばれるだけあって臆病な勇者から喧嘩の強い総長まですべて見入ってしまう演技ができていてすごいと思うから」(20代女性)、「どんな役でもその役そのものになりきれる」(40代女性)といった声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:15位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在