レペゼン・DJ社長、ドームライブのために5億4000万円のクラファン発表も、「やっぱりやめます」と撤回。「お前またかよ」呆れ声も

Repezen FoxxのDJ社長さんが、ドームを押さえたが支払いができないためクラファンを実施すると宣言も、翌日にはそれを撤回。ファンからは応援と困惑の声が……。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル【Repezen Foxx】)

Repezen Foxx(以下、レペゼン)のDJ社長さんが9月23日、YouTubeチャンネル「【Repezen Foxx】」で、『限界です、助けてください』と題した動画を公開しました。多額の借金を抱えていることで有名なDJ社長さんですが、今回もお金がなくて困っているようです。
 

【実際の動画:DJ社長、ドームを押さえるお金ない! クラファン呼びかけ】
 

「5億円中5億円 足りてない」

DJ社長さんはレペゼンのワンマンライブのため、2024年に2カ所のドームを予約したものの、支払いに必要な5億円を用意できないと話します。しかもその支払い期限は9月29日と、ほぼ猶予がない状態であることも明かしました。
 

そこで、ドームライブ実現のために目標金額が5億4000万円のクラウドファンディングを実施すると発表。ちなみにこの金額は「レペゼンにちなんだ数字」と、ファーストシングルの『5454』から来ているようです。「5億円中5億円 足りてない」「助けて欲しい」と視聴者へ訴え、動画では涙をこらえるシーンも。続けて、「お金を借りて何かするっていうのに 終止符打ちたい」と話し、その答えがクラウドファンディングだったようです。
 

すでに借金が10億円以上あるDJ社長さん。ファンからは「僕たちはどこまででもついていきます」「まだまだレペゼンの夢の続きを一緒に見させて」と肯定的な意見も多く上がりましたが、今回は否定的な声も上がっています。
 

「ドームどうこうより従業員に給料を払う事が先」「借金を返すために借金をするのは辞めましょう!」「語り→借金問題公開→公募→夢動画。いつもこれ」「人からお金を借りてばっかりで開催したドームイベントは全然キラキラしていない」「社長に厳しいことを言ってくれる人達に失礼すぎ」など、「頑張ってほしいとは思う反面応援しづらいのが現状」「ファンやけど、不安定すぎて見てるのしんどくなる」と、批判や不安の声が噴出しました。
 

「クラファンやめます」

しかし24日には、新たな動画を公開。DJ社長さんは動画の冒頭で、「反響を見て決めたことがあります」「クラファンやめます」と宣言。「正々堂々としっかり皆さんの言う通り自分で稼げと」「間違いない」とも話し、考えを改めたようです。代わりに、レペゼンの公式Webサイトでベストアルバムを軸に、金額によって付属するサービスが変わる商品を販売するとのこと。同時にスポンサーも募集しています。
 

クラウドファンディング撤回を受け、「最高にかっこいい」「ファンの為に頑張れ社長」「行動に移す速さはマジで凄い」「正気に戻ってくれてよかった」など、称賛と安堵(あんど)の声があふれた一方、「ヒカルとかにアドバイス聞きに行った方が良い」「お前またかよ、何がしたいんだよ」「もう、引退で良い」「もともとクラファンなんてする予定ないし、これ全部マーケティングね」と厳しい声も上がりました。
 



>次ページ:関連動画も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」