レペゼン・DJ社長、100キロマラソン「正直舐めてました」心境明かす。DJ銀太、「もう2度としません」

Repezen FoxxのDJ社長さんとDJ銀太さんが、8月30~31日に実施した100キロマラソンの感想をそれぞれポストし、「感動しかない」と大きな反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:DJ社長さん公式Xより)

Repezen FoxxのDJ社長さんとDJ銀太さんが8月31日、それぞれのX(旧Twitter)を更新。30~31日にかけて実施した100キロマラソンの感想をつづりました。
 

【実際の投稿:レペゼン・DJ社長&DJ銀太、100キロマラソン振り返り】
 

「銀太、一緒に走ってくれてありがと」

DJ社長さんは、「100キロマラソン。正直舐めてました。実は40キロぐらいで激痛で足が動かなくなり『もしかしたらゴール無理かも』って頭によぎってました」と、振り返っています。続けて、「ただ、釧路のみんなの温かい応援やYouTubeでのファンからの声援、ずっと応援してくれてるメンバーやこんな無茶な企画を1週間で準備してくれた裏方のみんな そして一緒に走ってくれてる銀太のことを考えると『絶対にリタイア出来ない』『死んでもゴールしたい』って強く思い なんとか24時間でゴールする事が出来ました」「銀太、一緒に走ってくれてありがと」と、マラソン中のエピソードと共に100キロを走ってくれたDJ銀太さんに感謝を伝えました。
 

ファンからは、「感動しかない」「やっぱり、社長はやり抜く男」「サイコーなエンターテイメント」「有言実行、即行動にする姿勢はさすが」など、称賛の声が相次いでいます。また、このポストにDJ銀太さんも反応。「まじ最高でした ありがとうございます!! そしてもう2度としません」と、100キロマラソンの過酷さを垣間見るコメントもしました。
 

【関連記事:DJ社長&DJ銀太が100キロマラソンを24時間で見事完走!
 

「人生で最高の経験でした!!」

そんなDJ銀太さんも同日、自身のXを更新。「社長と一緒に24時間で100キロ走り切りました!! 本当に応援してくれた方々ありがとう 人生で最高の経験でした!! 幸せ」とつづっています。
 

同企画は30日より生配信で放送され、2人のゴール直前には中継でつないでいたスタジオのDJまるさん、DJ脇さん、DJふぉいさん、そしてトラックメーカーのチバニャンさんも、思わず立ち上がって声援を送る姿が印象的でした。29日にDJ社長さんがXやYouTube動画で、「レペゼン地球に戻ります」と宣言もしており、同グループの今後の動向に多くのファンが期待を寄せています。

 


>次ページ:DJ銀太さんのポストもチェックする!
【Repezen Foxxの楽曲をチェック!】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは