『らんまん』出演の好きな男性俳優ランキング! 2位「志尊淳」、1位は?

All About ニュース編集部は、NHK朝の連続テレビ小説『らんまん』に関する独自のアンケート調査を実施。『らんまん』に出演する好きな男性俳優ランキングで1位に選ばれたのは?(画像出典:志尊淳さん公式Instagram)

通算108作目のNHK朝の連続テレビ小説として、俳優の神木隆之介さんが主演を務める『らんまん』。9月29日の最終回に向けて、大きな盛り上がりを見せています。

神木さんをはじめドラマには多くの有名俳優が参加し、感動的な演技を毎話披露しています。

All About ニュース編集部は8月14日~9月19日、全国10~70代の266人を対象に『らんまん』に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、『らんまん』に出演する好きな男性俳優ランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:志尊淳(竹雄役)


2位には、竹雄役で出演している「志尊淳」さんがランクインしました。2011年に、ミュージカル『テニスの王子様』への出演で俳優デビュー。特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で主演に抜てきされると、端正なルックスで幅広い世代から人気を集めます。

その後、ドラマ作品では『きみはペット』(フジテレビ系)やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』、映画作品として『先輩と彼女』『さんかく窓の外側は夜』などに出演。さらに、ピクサーアニメ『2分の1の魔法』の吹き替えや、アニメ映画『バブル』などで声優としても活躍します。

『らんまん』で演じた竹雄は、主人公・万太郎の生家である酒蔵「峰屋」番頭の息子。万太郎のお目付け役を幼少期から命じられ、1番の理解者である幼なじみとしてドラマを盛り上げました。

そんな志尊さんは、2023年10月期に放送される『フェルマーの料理』(TBS系)で主演を担当する予定です。

回答者からは、「万太郎を陰に日向に支える姿は感動でした!志尊淳さん自身とリンクして見えます。和服も洋服もすごくかっこいいし」(50代女性・青森県)、「万太郎を叱咤激励する母親のような存在であると思う。土佐での和服姿から東京での洋装に変化した時はカッコ良かった」(40代女性・秋田県)、「演技もうまいし脇役でも光るものがある」(30代女性・愛知県)などの意見が寄せられました。

1位:神木隆之介(槙野万太郎役)


1位には、槙野万太郎役を演じた「神木隆之介」さんがランクインしました。2歳の時に芸能界デビューすると、数々の作品に参加して天才子役として話題に。2005年に出演した映画『妖怪大戦争』では、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しています。

映画作品としては、『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』『3月のライオン』など話題作に多く出演。また、声優としても活躍し、『千と千尋の神隠し』『借りぐらしのアリエッティ』『君の名は。』『天気の子』『すずめの戸締まり』と多くの大ヒットアニメに参加しています。

NHK連続テレビ小説への出演は2007年度の『どんど晴れ』以来16年ぶりで、今回が初主演となります。そんな神木さんですが映画『ゴジラ-1.0』で主演を務める予定で、『らんまん』で夫婦を演じた浜辺美波さんと早くも再共演することになります。

回答者からは、「素朴で演技力があるからです」(50代女性・東京都)、「いつも童顔なイメージがあるのに役にはいると年齢を忘れさせるくらい上手な演技を見せてくれるから」(30代男性・神奈川県)、「優しそうな雰囲気が万太郎役にぴったり。知的な部分ももちあわせていて素敵な俳優さんだと思う」(40代女性・東京都)などの意見が寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです


【『らんまん』の小説やメモリアルブックなど関連商品をチェックする】

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは