『らんまん』でハマり役だと思う俳優ランキング! 1位「神木隆之介」、2位は?

All About ニュース編集部は、NHK連続テレビ小説『らんまん』に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では、『らんまん』でハマり役だと思う俳優ランキングを紹介します。(画像出典:映画『ゴジラ-1.0』公式Instagram)

9月29日に最終回を迎える、NHK朝の連続テレビ小説『らんまん』。豪華俳優陣が魅力的な登場人物を演じ、幅広い世代から人気を集めています。

All About ニュース編集部は8月14日~9月19日、全国10~70代の266人を対象に『らんまん』に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、『らんまん』でハマり役だと思う俳優ランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:松坂慶子(槙野タキ役)


2位は、槙野タキ役を演じた「松坂慶子」さん。松坂さんは幼少期から芸能活動を開始し、映画『ある女子高校医の記録 続・妊娠』で俳優デビュー。これまでさまざまな映画やドラマに出演し、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得するなど演技派として知られています。

今回演じた槙野タキは、主人公・万太郎の祖母です。夫と息子に先立たれ、名門の酒蔵・峰屋を女性ながら切り盛りする強い女性。酒造りには興味がない万太郎を、厳しくも愛情深く育てます。

タキは峰屋を守る使命感が強く、ドラマでは厳格で負けん気が強く怒鳴っている場面も多くありました。そんなタキを、松坂さんは繊細な演技と抜群の表現力で誰からも愛され頼りになるキャラクターとして見せ続けました。

回答者からは、「主亡き後、酒屋を一人で支え、江戸から明治を生き抜いた女性をうまく演じている」(60代女性・広島県)、「強く、厳しくも深い愛情を持って周囲の人に接している様子がイメージにぴったりだから」(40代女性・神奈川県)、「おばあちゃんの凛とした感じがとてもハマっていた」(30代女性・北海道)などの意見が寄せられました。

1位:神木隆之介(槙野万太郎役)


1位は、主人公の槙野万太郎を演じた「神木隆之介」さん。2歳の時から芸能界で活動し、2005年に出演した映画『妖怪大戦争』では日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。天才子役として、これまで映画『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』、さらに声優として『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『天気の子』『すずめの戸締まり』と多くの大ヒット作に参加しています。

NHK朝の連続テレビ小説は初主演となり、2007年度の『どんど晴れ』以来16年ぶりの登場。今回演じた万太郎は、高知県出身の植物学者・牧野富太郎さんをモデルとしています。植物を愛しひたむきに研究を続ける万太郎は、これまで俳優として演技を突き詰めてきた神木さんのイメージにぴったりではないでしょうか。

天真らんまんでどこか憎めない万太郎を、神木さんはコミカルな要素も入れながら見事に演じきりました。

そんな神木さんは、2023年11月3日公開予定の映画『ゴジラ-1.0』で主演を担当。『らんまん』で夫婦を演じた、浜辺美波さんと再共演することになっています。

回答者からは、「普通に考えると非常識な事もしているけれど、憎めない主人公は、神木隆之介さんだからこそしっくりきたと思います。あの笑顔を見ると、なんか許したくなってしまうのもわかる」(50代女性・青森県)、「変わった人の役が上手いから」(50代女性・東京都)、「天真爛漫でまっすぐな万太郎本人に見えるほどはまり役だったと思う」(60代女性・宮城県)などの意見が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです


【『らんまん』の小説やメモリアルブックなど関連商品をチェックする】

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応