シバター、ガーシーの保釈・迷惑系外国人YouTuber逮捕・へずま凸から私人逮捕まで、物申す動画に「全ての論評に納得、賛同」と共感の声

“物申す”動画で有名なシバターさんが、ちまたで騒がれているYouTuberや活動者について言及する動画を公開し、「正論系ユーチューバーに転職してる!」と話題に。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」)

格闘家でYouTuberのシバターさんが9月22日、自身のYouTubeチャンネル「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」で動画を更新。昨今、話題に上がっている件について、自身の意見を述べました。
 

【実際の動画:シバター、ガーシーの保釈や迷惑系YouTuber、活動者の私人逮捕に言及】
 

「政治家に手を出すからさぁ」

シバターさんはまず、俳優の綾野剛さんら著名人を常習的に脅迫した罪などで問われているガーシー元参議院議員こと東谷義和被告について言及。「俺はガーシーもともと嫌いだったし いつか絶対捕まるしこんなスタイルがまかり通っていいはずがない」と話しつつ、「まさか刑務所とは」ともコメント。「芸能人やらYouTuberやらね 有名人の暴露にとどめておけば」「そこに収まっておけばこんな大事にはならなかったのに 政治家に手を出すからさぁ」などと語りました。
 

「さっさと逮捕すりゃいいのに」

続けて、電車内で「ヒロシマ! ナガサキ!」と大声で喚き散らすなどの迷惑行為を繰り返す、外国人YouTuberにも斬り込み。ジョニー・ソマリの名で活動するこのYouTuberは、大阪府大阪市中央区内の工事現場に覆面姿で侵入し、その様子を動画で配信。21日、建造物侵入の疑いで共犯のアメリカ国籍の男性と共に逮捕された件に触れ、「余罪もたくさんあるし彼もそろそろ」「刑事事件として処理されることになるんじゃないかな」「それにしても泳がせすぎ あんなのもうさっさと逮捕すりゃいいのに」と話しています。

「人間を捨てた人間」と、へずまを痛烈批判

そして、「それと同じ種類のやつで」と切り出したのが、中学生YouTuberグループ・ちょんまげ小僧のメンバーにアポなしで突撃したへずまりゅうこと原田将大(以下、へずま)さんについて。「迷惑かけることでしか自分の存在をアピールできないやつ」「エンターテイメントを作る人間ではなく ただこう目立ちたいがばかりに大きな声を出して発狂するみたいな そういった類の人間」「人間を捨てた人間」と痛烈に批判しました。
 

関連記事:へずまりゅう、ちょんまげ・ナマズにアポなし凸
 

7月6日に東京都内の式場で結婚式を挙げたへずまさん。今後、妻や子どもが生まれたら誰かに危害を加えられるかもしれない可能性を指摘し、「人から後ろから刺された文句は言えない道を自ら行ってる」「ただひたすら怖いな」と述べています。
 

コメント欄には、「今回出てきた人間に対する全ての論評に納得、賛同した」「シバターさんの感覚には同意だな」「時事ネタ喋ってる時が1番好き」と共感の声や「正論系ユーチューバーに転職してる!」という声が上がる中、「言ってることは理解できるが、人の悪口で再生を稼いできた人が言うと説得力がない」「あなたが自分を棚に上げて言えることじゃない」と手厳しい意見も寄せられました。
 

動画では、活動者らによる“私人逮捕”についても、シバターさんが意見を述べています。最近の話題を凝縮した“物申す”動画、気になる人はぜひチェックを。
 



>シバターさんの人気動画も見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは