へずまりゅう、ちょんまげ小僧・ナマズの下校中にアポなし“凸撃”。「迷惑かけるなよ」「これは流石にアウト」と非難の嵐

話題の中学生YouTuberグループ・ちょんまげ小僧のメンバーに、突撃したへずまりゅうさんに、非難の声が殺到。一方、突撃されたナマズさんは「大人の対応すぎ」と株を上げているようで……。(サムネイル画像出典:へずまりゅうさん公式Xより)

元迷惑系YouTuberのへずまりゅうこと原田将大(以下、へずま)さんが9月21日、自身のX(旧Twitter)を更新。中学生YouTuberグループ・ちょんまげ小僧のナマズさんにアポなし突撃をして、非難の声が相次いでいます。
 

【実際の投稿:へずま、ちょんまげ・ナマズにアポなし凸】
 

DMの返事がないから「直接コラボしに」

へずまさんは、「ちょんまげ小僧にコラボ依頼のDMを送ったけど返事がなかった為、下校中に直接コラボしに行きました」とつづり、ナマズさんに凸した様子を収めた動画を公開。
 

住宅街の路上で声をかけられたナマズさんは、困惑の表情を浮かべていますが、へずまさんはおかまいなし。「やって来たぞ」「だってDM返してくれんやん」「俺のこと嫌い?」などと、大声を上げています。続けて、コカ・コーラとメントス3本をナマズさんの胸前に差し出し、「あいさつお願いします」「有名になったらこういうこともある」と“メントスコーラ”を要求するも、ナマズさんは固辞しました。
 

「怖かったろうに」

動画では突然、大声を上げて話し始めたへずまさんに驚きと不信を抱いているのか、家の中から様子をうかがう女性の姿も。終始うつむきながらも、苦笑いでへずまさんの“口撃”をかわすナマズさんに、「大人の対応すぎ」「怖かったろうに」など、称賛と同情の声が上がっています。
 

一方、へずまさんには「ますますへずまが嫌いになった」「やってること普通にヤバすぎ」「これは流石にアウト」「迷惑かけるなよ」「同じ人間とは思えない」など、非難の声が殺到。「通報案件」という声も相次ぎました。
 

また、へずまさんは「胸元のプレートに学校名とフルネームが書いていたからモザイク処理はした。カメラ切った後にそこだけは頼むって相手側から言われたから」と釈明。「それが普通」「当たり前」「ある意味脅迫ものやん」「あなたがやってるの盗撮だよ?」と、この発言にも批判の声が寄せられました。

 


>次ページ:関連投稿も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」