話題沸騰中の「にじさんじ」とは? 魅力やおすすめのメンバーをご紹介

巷で話題の「にじさんじ」。名前だけ聞いたことあるけど詳しくは知らない……という人もいるのではないでしょうか。この記事では、「にじさんじ」の魅力をご紹介します。「にじさんじ」について知りたい人は必読ですよ。(画像出典:にじさんじ公式X)

ちまたで話題の「にじさんじ」。

「にじさんじ」の名前は聞いたことあるものの、「にじさんじっていったい何をしているの?」「なぜこんなに人気?」といった疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、「にじさんじ」の謎を解明しつつ、その魅力やおすすめのメンバーをご紹介します。

<目次>
「にじさんじ」とは
「にじさんじ」はYouTubeのライブ配信が主戦場
「にじさんじ」の人気の理由は?
おすすめの「にじさんじ」メンバー
あなたも「にじさんじ」の世界に浸ってみては?

「にじさんじ」とは

ANYCOLOR株式会社が運営するVTuber/バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、アイドルやタレントが所属する芸能事務所のVTuber版、といったイメージを抱いてもらうと分かりやすいかもしれません。

「にじさんじ」には、2023年9月時点で約150人のメンバーが所属しており、国内最大級のバーチャルタレントグループとして存在感を示しています。

ネット上での活動に加えて、近年ではプロ野球パ・リーグの6球団や、個性派書店「ヴィレッジヴァンガード」グループなど、あらゆる分野でコラボを実施。若者から中高年まで、幅広い年齢層から人気を得ています。

・そもそもVTuberとは
VTuberとは、デジタルで作成された「バーチャル(仮想)」のYouTuberのこと。

最初期のVTuber「キズナアイ」さんが2016年の自己紹介動画の中で発した「バーチャルYouTuber」が省略されて、VTuberの言葉が生まれたとされています。

「にじさんじ」はYouTubeのライブ配信が主戦場

「にじさんじ」に所属するメンバーの主な活動場所はYouTubeです。「にじさんじ」はあくまでもグループ名であり、基本的な活動は個人単位で行われます。

YouTubeアカウントも各個人で開設。All About ニュース編集部の人気ランキングで上位に輝いた「葛葉(くずは)」さんや「壱百満天原サロメ(ひゃくまんてんばらさろめ)」さんは、それぞれ150万人以上のチャンネル登録者を獲得しています。

VTuberとしてのユニークな設定と、ライブ配信で展開する軽妙なトークが合わさった面白さは、「にじさんじ」の一員として選ばれたメンバーならではの魅力です。

>「にじさんじ」所属の好きなVTuberランキング! 2位「葛葉」、1位は?

また、公式ファンクラブや他のインフルエンサーとのコラボ企画も盛んに行っています。

チャンネル登録者1000万人超のクリエイター「HIKAKIN(ヒカキン)」さんや「ひろゆき」さんなど、多くの有名人が「にじさんじ」のメンバーとともに動画を配信しています。

「にじさんじ」の人気の理由は?

高い人気を集める「にじさんじ」ですが、一体なぜこんなにも支持されているのでしょうか? ここでは、「にじさんじ」人気を博する理由を3点ピックアップして紹介します。

・1. コミュニケーションの取りやすさ
「にじさんじ」の魅力の1つに「コミュニケーションを気軽に取れること」があげられます。「にじさんじ」のメンバーは、YouTubeのコメントや公式ファンクラブなどで積極的にファンと交流しています。

中でもファンとのやりとりが面白いメンバーとして知られているのが、”RPGと競馬好きの魔女”である「ニュイ・ソシエール」さん。視聴者やファンクラブメンバーのコメントを交えて話をする雑談ライブをYouTubeで実施しており、ライブ内ではコメントを読み上げて爆笑するニュイさんの姿が頻繁にみられます。

・2. 強烈すぎるキャラクター設定
それぞれのメンバーが有する強烈すぎる個性も、「にじさんじ」が支持されている大きな要因の1つでしょう。

「にじさんじ」には、錬金術師の「アンジュ・カトリーナ」さんやゲーマー吸血鬼の「葛葉」さんなど、現実世界のインフルエンサーと差別化されたユニークなメンバーが多数在籍しています。

また、メンバーの中には、ファンタジー要素に満ちたキャラクターに加えて、労働時間多めのプログラマー「社築(やしろきずく)」さんといったブラックユーモアを含んだ人物も。さまざまな個性を持ったメンバーが所属しており、自分好みのキャラクターを見つけやすいのも「にじさんじ」の魅力といえるでしょう。

・3. 大手グループならではの大規模活動
大規模グループならではの良さを生かしたコラボ企画やリアルイベントがあります。

一人のメンバーでは実現へのハードルが高いリアルイベントも、複数人が協力することで実現しやすく、より大規模での開催が可能になります。

2023年の12月23~24日には、東京ビッグサイトで「にじさんじフェス2023」の開催が予定されており、チケット申し込みには多くの応募が集まっています。

>次ページ:おすすめの「にじさんじ」メンバー

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」