食べてみたい「福岡県」のお土産ランキング! 3位「一蘭のラーメン」、2位「博多カリカリ鶏皮」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「福岡県のお土産」に関する独自アンケート調査の結果から「食べてみたい福岡県のお土産」を発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。

2023年の夏休みとシルバーウィーク、旅行した人もそうでない人も、各地のお土産を目にする機会が多かったのでは。日本には一度は食べてみたいおいしいお土産がたくさんありますよね。

All About ニュース編集部は9月8~14日、全国10~70代の175人を対象に「福岡県のお土産」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「食べてみたい福岡県のお土産」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る
 

3位:一蘭ラーメン

3位はお土産用の「一蘭のラーメン」でした。

一蘭のラーメン
一蘭ラーメン 博多細麺ストレート・ちぢれ麺セット(出典:Amazon

「一蘭のラーメンは好きなので、よく店舗で食事をするのですが、それがお土産になると味は変わるのか気になっています」(30代女性/熊本県)、「お土産のものを食べたことがないから、店舗のものと食べ比べてみたい」(30代女性/神奈川県)といったお店の味とどのような違いがあるのか食べ比べしてみたい!という一蘭のラーメンが好きな方からのコメントが多いのが印象的でした。

また、「一蘭ラーメンはお店の味に近づけるためにすごくこだわって作ったと聞いたことがあるので一度食べてみたいなと思いました」(50代女性/福岡県)といったすでにお土産用の一蘭のラーメンの裏話を知っているという声も。

他には、「独特の濃い豚骨スープの中に、決して油臭くなく、コクと味わいはほかのラーメンにひけを取りません。食べた後の満足感はもう一杯ほしくなります」(60代男性/長崎県)といった一蘭のラーメンがいかに好きかを語っている人が多くいました。
 

2位:博多カリカリ鶏皮

「博多カリカリ鶏皮」
「博多カリカリ鶏皮」(出典:Amazon

2位は匠屋の「博多カリカリ鶏皮」でした。

「名前の響きが美味しそう!鶏皮が好きなので」(20代男性/大阪府)、「ネーミングがいい。カリカリした鳥皮なんておいしいに決まっている!」(50代女性/愛知県)など、ネーミングからその味が気になる!という声が多数。

また、「個人的に鶏皮が大好きで酒が飲めないのに何故かお酒のおつまみになる物が大好きだからです」(30代男性/三重県)、「おつまみでしょうか?よく家でお酒も飲むので、試してみたい」(40代女性/東京都)といったおつまみとして食べてみたいという声も多く寄せられました。

1位:三日月屋のクロワッサン

1位は、三日月屋の「クロワッサン」でした!
クロワッサン
「三日月屋のクロワッサン」(出典:三日月屋)
「福岡に住んでいる友達や、旅行に行った友達からおすすめされた」(20代女性/岡山県)、「兵庫にはドンクというクロワッサンが有名な人店があり、そこのクロワッサンが今まで食べた中で1番美味しいクロワッサンだと思っているのですが、福岡の三日月屋のクロワッサンがとても似ているみたいなので食べてみたい」(20代女性/兵庫県)とおいしいという噂は聞いていて、気になっているというコメントも多く寄せられていました。

さらには、「美味しいと聞いて食べたいと思っているのに、福岡空港でいつも時間が足りなくて匂いだけ嗅いで食べられていないから」(40代女性/大阪府)と気になっているけれど食べることができていないという声も。今度福岡を訪れたらぜひ購入していただきたいですね。

また、「クロワッサンに特化しているという事は、かなり期待できるお土産かなと思う」(40代女性/福島県)など、複数名のクロワッサン好きの方からも気になる!というコメントが多くあったことも印象的でした。

以上、食べてみたい福岡県のお土産ランキングを紹介しました。今度福岡県に行く機会があれば、ぜひ購入を検討してみては。

>10位までの全ランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在