会社員が選ぶ「産業医になってほしい芸人」ランキング 2位 伊達みきお(サンドウィッチマン)、1位は?

「セイルズ産業医事務所」を運営するセイルズは、全国20~60代の会社員1029人を対象に実施した「産業医になってほしい芸人」のランキング結果を発表しました。(サムネイル画像:ニッポン放送『サンドウィッチマン ザ・ラジオショーサタデー』公式Xより)

『セイルズ産業医事務所』を運営するセイルズは、全国20~60代の会社員1029人を対象に「産業医になってほしい芸能人」に関する調査を実施。その調査結果から、「産業医になってほしい芸人」ランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果
 

2位:伊達みきお(サンドウィッチマン)


2位は、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさん。

金髪でガッシリとした体格をしている伊達さんですが、内面は優しく、芸人随一の好感度の高さを誇っています。ちなみに、相方の富澤たけしさんも同ランキングの9位に入りました。
 

1位:明石家さんま


1位は、明石家さんまさんでした。

お笑い界のトップに君臨し続け、現在も多数のレギュラー番組で司会を担当。自ら笑いを取るだけでなく、どんなゲストに対しても愛のある“回し”で番組を進行します。

さんまさんを選んだ理由には、「明るくて面白いから。相談しやすそう(30代/男性/山口県)」「社内が明るくなりそう(30代/女性/大分県)」「笑いで病気が治りそう(50代/男性/大阪府)」「楽しそうだから。緊張しないから(50代/男性/愛知県)」といったコメントが寄せられました。


>次ページ:9位までの全ランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化