会社員が選んだ「産業医になってほしい男性俳優」ランキング! 2位「大沢たかお」、1位は?

もしも、大好きな俳優や歌手が産業医になってくれるとしたら? セイルズは全国の会社員1029人を対象に「産業医になってほしい芸能人」に関する調査を実施。本記事では「産業医になってほしい男性俳優」ランキングを紹介します。

日々快適に仕事ができるよう、健康面や職場環境についてアドバイスをくれる「産業医」。もしも、大好きな俳優や歌手が産業医になってくれるとしたら誰を指名しますか?

「セイルズ産業医事務所」を運営するセイルズは、全国20~60代の会社員1029人を対象に「産業医になってほしい芸能人」に関する調査を実施。その調査結果から、「産業医になってほしい男性俳優」ランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果
 

2位:大沢たかお


2位には、大沢たかおさんがランクインしました。2009年からスタートしたドラマ『JIN-仁-』(TBS系)で、江戸時代にタイムスリップした現在の脳外科医役を熱演。

2021年に放映された医療機関向けのオンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」のテレビCMに出演した際には、白衣姿で医師役と薬剤師役も演じていました。
 

1位:鈴木亮平


1位に選ばれたのは、鈴木亮平さんでした。

役に応じた大幅な体形変化など、役作りに対し非常にストイックな鈴木さん。2021年にスタートした医療ドラマ『TOKYO MER』シリーズ(TBS系)では主演に抜てきされ、チームリーダーで救命救急医の喜多見幸太役を熱演しました。

アンケート回答者からは、「爽やかで清潔感がある、頼りになりそう(20代/女性/東京都)」「親身になって話を聞いてくれて的確なアドバイスをくれそう。優しそう(20代/女性/岩手県)」「安心して任せられそうだし、相談しやすい雰囲気があるから(20代/女性/東京都)」といった声が寄せられました。


>次ページ:9位までの全ランキング結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化