演技がうまいと思う「EXILE」のメンバーランキング! 1位「岩田剛典」、2位は?

All About ニュース編集部では、独自のアンケート調査を行い芸能人に関するランキングを作成しています。今回は、演技がうまいと思う「EXILE」のメンバーランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:岩田剛典さんの公式Instagram)

All About ニュース編集部は7月10日~8月24日の期間、全国10~70代の297人を対象に「EXILEのメンバー」に関するアンケート調査を実施しました。今回は、その中から「演技がうまいと思うEXILEのメンバー」ランキングの結果を紹介します!

>4位までの全ランキング結果を見る

2位:EXILE AKIRA

2位にランクインしたのは、「EXILE AKIRA」さんです。2006年6月6日にEXILEにパフォーマーとして加入し、2008年には『Around40〜注文の多いオンナたち〜』(TBS系)、さらに映画『花より男子ファイナル』で俳優として本格デビュー。2009年には初主演映画『ちゃんと伝える』が公開され、「第19回日本映画批評家大賞」の新人賞を受賞します。

そんな「EXILE AKIRA」さんの演技が注目されたのは、『GTO』(フジテレビ系)で演じた主人公の鬼塚英吉役です。ダンスで鍛えた運動神経を生かして、迫力ある演技を披露。その後は、舞台への出演や『HEAT』(フジテレビ系)、『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』(日本テレビ系)などのドラマ、さらに映画『たたら侍』『この道』など、さまざまな作品に参加。

モデル兼俳優の林志玲(リン・チーリン)さんと結婚して話題を集め、台湾では「国民的お義兄さん」と呼ばれ親しまれています。

回答者からは、「GTOで教師役をしていた時に見ていて面白かったから」(宮城県・20代女性)、「映像や他の俳優に自然に馴染んでいて、ご出演されていたドラマや役柄はとても印象深く残っています」(神奈川県・40代女性)、「舞台映えするなと感じた」(東京都・40代女性)といった意見が上がりました。

1位:岩田剛典

1位にランクインしたのは、「岩田剛典」さんでした。2010年に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのメンバーとしてデビュー。グループは大ブレークをはたし、岩田さんも「がんちゃん」の愛称で人気を獲得します。

2013年には、舞台『あたっくNo.1』で俳優としての活動を開始。その後、2014年4月に行われた「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」で、EXILEの新パフォーマーに決定し、兼任として活動を続けています。

俳優業も好調で、2016年6月に公開した映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』では、映画初主演にして、「第41回 報知映画賞」新人賞、「第40回日本アカデミー賞」新人賞などを受賞。ドラマ『浅見光彦シリーズ』(テレビ東京系)では、主人公の浅見光彦に抜てきされます。

2023年には、話題を集めたドラマ『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)に出演し、Netflix作品『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』にも参加。さらに、NHKの連続テレビ小説『虎に翼』に出演予定です。

回答者からは、「さわやかな役がすごく合っていて、EXILEのイメージからいい意味で外れていると思いました」(埼玉県・20代女性)、「イケメンだし、演技が自然体だと思う」(茨城県・40代女性)、「俳優デビューから確実にどんどん成長がみられ、努力している様子が伝わる」(千葉県・40代女性)といった意見が上がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

>4位までの全ランキング結果を見る


【EXILEのCDやBlu-rayをチェック!】


この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた