『VIVANT』出演の好きな俳優ランキング! 1位「堺雅人(乃木憂助役)」、2位は?

All About ニュース編集部は、日曜劇場『VIVANT』に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では『VIVANT』に出演している好きな俳優ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:『VIVANT』公式Instagram)

日曜劇場『VIVANT』(TBS系)が、ついに9月17日に最終回を迎えます。この夏、注目を集めたドラマが終了するということで、多くのファンが放送日を心待ちにしているのではないでしょうか。

All About ニュース編集部は8月24日~9月7日、全国10~60代の189人を対象に日曜劇場『VIVANT』に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、『VIVANT』に出演している好きな俳優ランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:阿部寛(野崎守役)


2位は「阿部寛」さんです。『VIVANT』では、警視庁公安部・外事第4課に所属する刑事の野崎守を担当。189センチの体格を生かしながら、迫力のあるアクションシーンも披露しています。

阿部さんは、男性ファッション誌『MEN'S NON-NO(メンズノンノ)』(集英社)のカリスマモデルとして活躍し、1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。舞台などで活躍しながら、圧倒的な存在感と演技力の高さで人気を集めていきます。

シリーズ化したドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)でブレークすると、『ドラゴン桜』(TBS系)や映画『テルマエロマエ』など人気作で次々と主演を担当。『VIVANT』と同じ放送枠の『下町ロケット』(TBS系)も大ヒットし、一躍国民的人気を誇る俳優となります。

2023年には、NHK大河ドラマ『どうする家康』にも出演するなど、大活躍の1年となっています。

回答者からは、「彼が出ると、どんなシーンも映画のように迫力を増すから」(50代女性・東京都)、「演技が自然で上手く、感情移入してしまうため」(40代男性・大阪府)、「重みや深みがあり、またポジティブな雰囲気があるから」(40代男性・東京都)などの意見が寄せられました。

1位:堺雅人(乃木憂助役)


1位は「堺雅人」さんでした。本作では主人公の乃木憂助を担当し、自衛隊の秘密組織・別班のエリート諜報員を演じています。シチュエーションによって立場が変わる難しい役ながら、堺さんはセリフの強弱や繊細なしぐさでうまく表現。圧倒的な演技力で、『VIVANT』の人気を支えています。

そんな堺さんは、1992年に早稲田大学演劇研究会を母体とする劇団「東京オレンジ」に参加。舞台を中心に活躍し、メキメキと頭角を現しました。大手芸能事務所に所属してからはドラマや映画への出演も多くなり、NHK大河ドラマ『新選組!』『篤姫』の演技で注目を浴びます。

『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)では、主人公ながら毒舌で偏屈な弁護士・古美門研介を演じてブレーク。さらに、記録的な視聴率を叩き出した『半沢直樹』(TBS系)に主演として参加し、国民的な人気を獲得します。私生活では俳優の菅野美穂さんと結婚。おしどり夫婦として知られ、好感度も高くCMにも多数出演しています。

回答者からは、「二重人格がとても上手」(30代女性・千葉県)、「他の作品でも色々な役を演じていてカメレオン俳優だと思うから」(30代女性・栃木県)、「堺雅人さんと阿部寛さんは元々好きな俳優だから。今回、二人の顔の対比(濃い/薄い)が密かにツボ」(40代女性・愛知県)などの意見が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」