『VIVANT』の好きな登場人物ランキング! 2位「野崎守(演・阿部寛)」、1位は?

All About ニュース編集部は、日曜劇場『VIVANT』に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では『VIVANT』の好きな登場人物ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『VIVANT』公式Webサイト)

日曜劇場『VIVANT』
日曜劇場『VIVANT』(TBS系)画像出典:公式Webサイト

2023年夏ドラマとして話題を集め続ける、日曜劇場『VIVANT』(TBS系)。最終回がついに9月17日に放送されます。謎が謎を呼ぶストーリーが人気で、豪華な俳優陣が演じている、個性豊かなキャラクターが登場しています。

All About ニュース編集部は8月24日~9月7日、全国10~60代の189人を対象に日曜劇場『VIVANT』に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、『VIVANT』の好きな登場人物ランキングを紹介します!
 

>8位までの全ランキング結果を見る
 

2位:野崎守(演・阿部寛)


2位は「阿部寛」さんが演じる「野崎守」です。警視庁公安部・外事第4課に所属する刑事で、第1話では主人公の乃木憂助を助ける大活躍を見せます。その後も野崎は、乃木と同じく国際的なテロ組織「テント」を追い詰めるためにさまざまな任務を実行します。

阿部さんは、これまで『新参者』(TBS系)などで、キレ者の刑事役を多数担当。今回の野崎役もピッタリで、時にはアクションシーンも披露しながら裏の仕事をこなす公安部の刑事を熱演しています。

終盤は出演シーンが減っていた野崎ですが、最終回に向けて予告動画などで活躍しそうな場面が見られます。これまで、乃木のことを亡くなった後輩・リュウミンシュエンに似ているなど、意味深なセリフも残している野崎。最終回では、どんな役目を果たしてくれるのか注目です。

回答者からは、「使命感があり仕事ができてかっこいい」(50代女性・福岡県)、「法を遵守するという枠の中で、法外な相手とどうやって対峙していくのかとても気になるので」(50代女性・東京都)、「キャラが完璧でドラマがより一層面白くなっているから」(30代女性・広島県)などの意見が寄せられました。

1位:ドラム(演・富栄ドラム)

1位は「富栄ドラム」さんが演じている「ドラム」です。作中では、海外で活動する野崎をサポートする公安部のエージェントとして、さまざまな場面で大活躍しています。

体格が良く愛嬌(あいきょう)のある見た目が特徴的なマスコット的存在で、スパイ活動や情報収集もこなし野崎の片腕として動きます。活動する際には、日本語をしゃべることができないので音声アプリで会話しています。ちなみに、その音声アプリの声は人気声優の林原めぐみさんが担当。声のかわいさも含めて、ドラムの人気が高まりました。

演じている富栄さんが元力士という異色の経歴も話題を集め、屈指の人気キャラクターとして番組イベントなどにも多数出演しています。

回答者からは、「ドラムは話しませんが、仕草や顔の表情がかわいくて好きです」(50代女性・島根県)、「野崎とドラムのコンビはどんな状況でも乗り切ってしまうので、見ていて楽しい」(40代女性・兵庫県)、「ニッコリとする表情に温かみが感じられてホッコリします。緊迫した展開のドラマに少しホッとできる安心感があります」(60代女性・東京都)などの意見が寄せられました。
 

>8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない