『VIVANT』でハマり役だと思う俳優ランキング! 1位「堺雅人(乃木憂助役)」、2位は?

All About ニュース編集部では、人気ドラマ「VIVANT」に関する独自のランキングを作成しました。この記事では、『VIVANT』でハマり役だと思う俳優ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:『VIVANT』公式Instagram)

2023年の夏ドラマとして、大きな話題を集め続けている日曜劇場『VIVANT』(TBS系)。ついに9月17日に最終回を迎え、ここまでの大きな謎が全て解き明かされる予定です。

All About ニュース編集部は8月24日~9月7日、全国10~60代の189人を対象に日曜劇場『VIVANT』に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、『VIVANT』でハマり役だと思う俳優ランキングを紹介します!
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

2位:阿部寛(野崎守役)


2位にランクインしたのは、野崎守役を演じている「阿部寛」さんです。阿部さんは『VIVANT』では、警視庁公安部・外事第4課に所属する刑事として登場。ドラマでは序盤から出演し、準主役的なポジションで大活躍しています。

野崎は警視庁公安部でもエリートの1人で、さまざまなミッションを次々と解決。身長189センチの阿部さんならではの迫力あるアクションシーンも披露し、壮大なスケールで撮影された『VIVANT』に欠かせない俳優となりました。

謎のテロ組織「テント」を追いかける中で、野崎は抜群の推理力を見せる場面も。これまで、人気ドラマ『新参者』(TBS系)などで刑事役を演じてきた阿部さんには、ピッタリのハマり役となりました。

回答者からは、「主役をしのぐほどの存在感を見せつけているから」(40代女性・東京都)、「シブさとお茶目さがマッチしているためです」(40代男性・神奈川県)、「眼差しの強さや声色が公安の一癖も二癖もある役人にピッタリだと思います」(60代女性・東京都)などの意見が寄せられました。

1位:堺雅人(乃木憂助役)

1位にランクインしたのは、乃木憂助役の「堺雅人」さんです。『VIVANT』の主人公・乃木は、序盤では丸菱商事のエネルギー事業部2課課長として登場。どこか頼りない主人公でしたが、実は裏の顔を持ち、自衛隊の秘密組織・別班のエリート諜報員だったことが明かされます。

ダメサラリーマンと、国家も動かすエリートという2つの顔を堺さんは見事に演じきり多くの視聴者を驚かせることに成功。また、乃木は別人格のF(エフ)が時折現れる場面があり、全く性格の違う「2人」を堺さんは表現しています。

これまで、『半沢直樹』シリーズ(TBS系)で脅威の視聴率を叩き出し、約3年ぶりに日曜劇場に帰ってきた堺さん。その演技力は健在で、最後まで謎の多い『VIVANT』を盛り上げ続けています。

回答者からは、「堺さんは二面性のある役の演技が合っていると思います」(30代女性・群馬県)、「堺雅人の魅力である、愛嬌のあるえがおと迫力のある演技の二面性がすばらしい」(20代女性・埼玉県)、「弱そうな顔と、強い顔と両方が違和感無い」(40代女性・香川県)などの声が寄せられました。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない