『真夏のシンデレラ』第9話 ライバル女子の余計な一言で暗雲? 神尾楓珠“匠”ついに告白で揺れる恋模様

9月4日に放送されたドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)第9話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:『真夏のシンデレラ』公式サイト)

森七菜さん主演のドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)。9月4日放送の第9話では、神尾楓珠さん演じる幼なじみがいよいよ本当の思いを告白しました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第8回)のあらすじはコチラ

真夏のシンデレラ
画像出典:フジテレビ系『真夏のシンデレラ』公式サイト

 

第9話のあらすじ

夏の間、働きづめだった夏海(森七菜)は、父・亮(山口智充)のはからいで遅めの夏休みをとることに。匠(神尾楓珠)と話していると、最近気に入っているアーティストのライブに興味を示すもチケットはすでに完売。匠は夏海の願いをかなえるべく、健人(間宮祥太朗)に相談をします。

その話を健人から聞いた同僚の皐月(山崎紘奈)が友人づてにチケットを入手し、4人でライブへ行くことに。ライブ鑑賞中、健人と夏海の仲むつまじい姿を複雑な心境で見守る匠と皐月。ライブ後、4人で食事をしている時、皐月は夏海と健人の関係に対して「これからが大変だ」と切り出します。さらに、親が認めてくれる相手でないと長続きしない、「健人の家は特にそうでしょ?」と持論を展開。

何ともいえない思いを抱える夏海に、匠は「気にするな。本人たちの好きという気持ちがあれば一緒にいられる」とフォロー。その後、食堂「Kohola」へ帰宅した2人。匠は東京みやげだといって、クジラの風鈴を夏海にプレゼントします。風鈴の音が聞こえれば夏が終わっても寂しくないだろうと匠。近くにいすぎて気づかなかったが、夏海のことを1番大切にしたい、今までもこれからもずっとそばにいたいと思いを告げ――。

一方、愛梨(吉川愛)は交際中の修(萩原利久)が毎晩電話してくることに少し困惑。その気持ちを聞かされた修も、恋愛は一筋縄ではいかない、今の自分に恋愛は必要ないのかもしれないという悩みを守(白濱亜嵐)に相談。理沙(仁村紗和)は息子・春樹(石塚陸翔)の母であることを1番大切に思い、宗佑(水上恒司)への気持ちを胸にしまうという決意を、復縁を持ちかけてきた元夫・翔平(森崎ウィン)に話し――。

 

真夏のシンデレラ
画像出典:フジテレビ系『真夏のシンデレラ』公式サイト

 

夏海&健人の恋に水を差す皐月&匠に非難コメント殺到

夏の終わりが近づき、それぞれの恋模様もいよいよクライマックス間近。夏海、愛梨、理沙がどんな恋の結末を選択するのか気になる展開に。

X(旧Twitter)では、「9話の匠、かっこいい」「匠がやってること、4~5話くらいまでには終わらせとくやつだよね?もう9話だよ遅いよう」「匠、今さらが過ぎる」「健人と夏海が付き合ってるの知ってるのに自分勝手」など匠へのツッコミが続出。

また、「夏海と健人の邪魔をし嫌な事ばかり言う皐月」「皐月をここまで助長させてるのは、健人じゃないかな。夏海に失礼だって言えたはず。というわけで匠推し」「夏海と2人きりの時も全然嫌な雰囲気出さないし皆に優しいし、今までのライバルとはまた違う皐月」「皐月、余計なお世話。話を深掘りしすぎ」など皐月への非難コメントが寄せられています。

第10話では、デートで江ノ島水族館を訪れた夏海と健人。健人は夏海を別荘に誘い、ついに「俺と付き合ってください」と交際を申し込み、互いの気持ちを確認し合います。しかし、健人の父・創一(小市慢太郎)は皐月との結婚を望んでいる様子。皐月が話したとおり、親に認められるかどうかが焦点に。いつも周りのために自分を犠牲にしてきた夏海がどんな選択をするのか注目です。

 

『真夏のシンデレラ』第10話 9月11日放送予告

 

『真夏のシンデレラ』あらすじ&見どころ紹介バックナンバー

『真夏のシンデレラ』第8話 神尾楓珠“匠”への印象変わるもツッコミ健在 「未だヤバい奴」「切ない」の声
『真夏のシンデレラ』第7話 ヒロイン周りの大人がろくでもなさすぎる? SNSでは「イライラした」「母親のくだりいらない」の声も
『真夏のシンデレラ』第6話 「順番が違う」でキス制止にネット賛否 「絶滅危惧種w」「いや正しい」意見飛び交う
『真夏のシンデレラ』第5話 トンチキ妊娠騒動でかすむ告白シーンに「土下座させといて嘘オチやべえ」「特大ブーメラン」の声
『真夏のシンデレラ』第4話 間宮祥太朗vs神尾楓珠の恋のバトルが話題 「トレンディ」「間宮しか勝たん」
『真夏のシンデレラ』第3話 登場人物の言動にツッコミ殺到 「毎回好感度下がっていく」「主人公可哀想」の声
『真夏のシンデレラ』第2話 “匠”神尾楓珠が“夏海”森七菜にまさかのキスで非難殺到「まじ何なの?」「振ったくせに」
『真夏のシンデレラ』第1話 月9の王道サマーラブが帰って来た!「期待通り」「ベタに王道貫いて」の声
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」