『真夏のシンデレラ』第5話 トンチキ妊娠騒動でかすむ告白シーンに「土下座させといて嘘オチやべえ」「特大ブーメラン」の声

8月7日に放送されたドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『真夏のシンデレラ』公式サイト)。

森七菜さん主演のドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)。8月7日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

真夏のシンデレラ
画像出典:フジテレビ系『真夏のシンデレラ』公式サイト

 

第5話のあらすじ

サップの展示会に参加するため、東京へ行くことになった夏海(森七菜)。SNSでのやりとりから夏海が東京にいることを知った健人(間宮祥太朗)は、展示会の後に映画でも行こうと誘います。しかし、健人の仕事が終わるのを待つ夏海は、妊婦の手を貸した際にスマホを紛失。夏海のスマホを拾った人物から場所を聞き探しに来た健人と奇跡の邂逅を果たします。

健人は自分が初めて建築に関わったビルの屋上に夏海を連れて行き、東京の夜景を眺める2人。夏海が健人に感謝を伝えると、「いつまでも待つし、どこにでも探しに行く」と健人。夏海が理由を尋ねるも「何でかな」とはにかみます。一方、夏海が健人との仲を深めていく様子を知った匠(神尾楓珠)は、かつての思い人・長谷川佳奈(桜井ユキ)から夏海のことが好きなのではと指摘されて複雑な思いを抱きます。

スタイリストの試験に失敗して落ち込む愛梨(吉川愛)の元に、花束を持った修(萩原利久)が来訪。「試験に落ちても死ぬわけではない」と励ましつつ、先日の失言を謝る修。「やっぱり本当は優しいね」と言いつつ、愛梨は修と仲直り。そんな2人の様子を見つめる守(白濱亜嵐)。守は修の部屋から荷物を引き上げて司法試験に打ち込み、合格したら愛梨に告白すると修に宣戦布告していたばかりで――。

一方、理沙(仁村紗和)は息子・春樹(石塚陸翔)を連れて行った公園で、宗佑(水上恒司)と遭遇。宗佑は春樹も一緒にどこかへ遊びに行こうと誘うと、「あれきりで忘れるなんて俺は嫌だから」とアプローチ。しかしそこにやって来た元夫・翔平(森崎ウィン)の「新しい男かと思った」という一言に、理沙は否定で返します。

そんな中、夏海の弟・海斗(大西利空)の彼女・秋香(平澤宏々路)の妊娠が発覚。夏海と健人が海斗から「結婚する」と決意を聞く中、秋香の両親が乗り込んできます。育て方を糾弾される夏海にフォローを入れる健人。夏海が土下座して謝罪をすると、秋香は二股をかけていて海斗の子ではないことを白状します。

嘘をついてまで彼女を守ろうとした海斗の行動に、「好きって気持ちはすごい」と感心する夏海。東京で探し出してくれた健人も「ヒーローに見えた」と言うと、健人は「好きな人だからいくらでも待てるし、どこまでの探しに行ける」と返し、「夏海のことが好き」と真っすぐなまなざしで思いを告げるのでした。
 

真夏のシンデレラ
画像出典:フジテレビ系『真夏のシンデレラ』公式サイト

 

健人の告白シーンが妊娠騒動トンチキ展開のせいでかすむ……?

X(旧Twitter)では、妊娠騒動に対し弟・海斗の彼女サイドにツッコミが殺到。「あきかちゃん、清純そうに見えて最低すぎた。育て方間違えたとか言ってきたあの親共、ちゃんと夏海達に土下座して詫びろよ」「あきかが一番えぐかった」「浮気相手の家族に土下座させといて嘘オチやべえなあ」「家族に土下座までさせといて何やこれは」「特大ブーメランすぎて笑うしかない」「土下座からの二股告白って時代錯誤すぎないか」などのコメントが寄せられています。

また、ついに夏海へ告白をした健人には、「かっこよすぎだよ」「間宮の『好きだよ』は養分すぎる!夏バテ対策完了」「健人くんの言葉はいつも真っ直ぐで嘘がなくて惚れてしまう」などのコメントが殺到しています。

健人のことを悪しからず思っている夏海ですが、生まれ育った環境が違いすぎて恋愛はうまくいかないのではとおよび腰。愛梨と理沙は、夏海にとって健人がどんな存在なのか考えるよう促します。そんな愛梨を巡る修と守のライバル関係、理沙と宗佑&元夫の三角関係も徐々に進展が見られる中、それぞれの恋模様がどう展開していくのか注目です。
 

『真夏のシンデレラ』第6話 8月14日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは