『VIVANT』第8話 堺雅人“乃木”×二宮和也“ノコル”の兄弟対決が間近か? 絡み合う思惑がスリリング!

9月3日に放送されたドラマ『VIVANT』(TBS系)第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:『VIVANT』公式サイト)

堺雅人さん主演のドラマ『VIVANT』(TBS系)。9月3日放送の第8話では、堺さん演じる主人公・乃木がついに実の父と感動の再会し、ずっと追って来た組織“テント”の真相にも迫る盛りだくさんの展開に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVANT』公式サイト

 

第8話のあらすじ

別班の仲間を裏切る行動に出た乃木(堺雅人)は、別班メンバーの黒須(松坂桃李)とともにノコル(二宮和也)ら“テント”に捕らえられます。実の父親であるテントのリーダー・ベキ(役所広司)に会いたいというだけの理由で仲間も国も裏切った乃木に憤慨する黒須。DNA検査をして違っていれば殺して構わないとベキに訴える乃木。

乃木の持ち物には乃木家の守り刀も入っており、彼が語る幼少時の記憶から実の息子である可能性を感じ始めるベキ。DNA検査の結果、2人は紛れもない父子と判明。「よく生きていた」「お父さん……!」――2人は感動の再会を果たしたかに見えたものの、すぐに立ち去ったベキ。それ以来、乃木の待遇は改善されるもベキは一向に会いには来ず。

一方、ノコルは乃木にさまざまな知識を求める問題を与え、その能力がずば抜けて高いことを確かめます。いくら息子だとはいえ仲間を裏切ってテントに来た乃木を、簡単には認められないベキ。しかし、「ここ半年が勝負時。他に代えがたい能力なら利用する」と決断を下します。

テントの裏帳簿を渡された乃木は、その資金の流れに迫っていきます。テロ活動の全ては請負で、報道されていた以外にもテロや誘拐をしていたテント。民間軍事会社も所有しており、そこで優秀な兵士をスカウトしてテントの仕事をさせていました。さらに乃木は、テントの桁外れな幹部たちへの報酬は児童養護施設の設立・運営に使われており、テントの真の目的が孤児たちの救済であったことを知ります。

孤児院で施設長の不正を暴いた乃木はベキに認められます。血のつながりはないがれっきとした息子であるノコルと力を合わせろとベキ。ノコルは自身の会社に乃木を呼びつけると、「使える兄だと結果で示せ」とコストカット案の作成を言い渡します。その作業を通じ、乃木はテントが3年前から土地購入に注力したのと同時に、大規模なテロ活動を行い始めたことに気付き――。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVANT』公式サイト

 

徐々に明かされるテントの真相……絡み合う思惑がスリリング

乃木、ベキ、ノコル3者の思惑が複雑に絡み合っている様子が描かれた第8話。一方、日本では、乃木から貯蓄と家の権利を預けられた薫(二階堂ふみ)が、退院したジャミーンとともにそこで暮らし乃木を待つと決意。彼女たちを見守る公安・野崎(阿部寛)が、どこまで乃木の企てを知っているのかも気になる展開に。

X(旧Twitter)では、「本当は、ノコルは乃木に標的であるベキを撃たせたかったのでは?」「これ絶対ニノがベキ殺めてラスボスになるやつ」「別班メンバーの棺桶はフェイクで、乃木さんやっぱり潜入捜査じゃない?」「個人的には別班の人たち生きてると思ってる」「DNA鑑定結果99.999%を見たノコルとピヨ(吉原光夫)は驚いたけど、バトラカ(林泰文)はとくに何もリアクションしてない」「ポリグラフのシーンで『父親を殺すためにここに来た』に『NO』答えて針が動いたのは、皆忘れてるFの意思?」など、さまざまな考察コメントが寄せられています。

3年前から始めた土地購入が、テントの真の目的を明らかにする鍵であるはず――。徐々にテントの真相に迫る乃木は、“宿命の兄弟”ノコルと協力体制を敷く中で、ベキの過去とテント誕生の秘密を知ることに。この先また、予想のつかない衝撃展開が待ち受けているのでしょうか。物語の行く先から目が離せません。

 

『VIVANT』第9話 9月10日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

『VIVANT』あらすじ&見どころバックナンバー

『VIVANT』第7話 堺雅人“乃木”、仲間を裏切る衝撃ラストに「さすがに作戦?」「あえて仕組んでる?」の声
『VIVANT』第6話 テロ組織“テント”の非道な制裁に悲鳴 「ニノ…マジで⁉」「予想以上に怖かった」の声
『VIVANT』第5話 テロ組織リーダーまさかの正体に視聴者熱狂「やっぱり父!」「ニノと異母兄弟?」
『VIVANT』第4話 松坂桃李ついに登場&“乃木”堺雅人まさかの正体判明に「衝撃」「鳥肌」の声
『VIVANT』第3話 松坂桃李、未だ登場せずトレンド入り 「出演回数、松坂桃李<ラクダ」「面白すぎw」の声
『VIVANT』第2話 判明したVIVANTの意味とは? “乃木”堺雅人の謎行動も相まって考察過熱!
『VIVANT』第1話 大迫力の開幕! 隠れキャストも明かされファン歓喜「ニノ!?」「日曜劇場アベンジャーズ」の声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在