『VIVANT』第4話 松坂桃李ついに登場&“乃木”堺雅人まさかの正体判明に「衝撃」「鳥肌」の声

8月6日に放送されたドラマ『VIVANT』(TBS系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『VIVANT』公式サイト)。

堺雅人さん主演のドラマ『VIVANT』(TBS系)。8月6日放送の第4話ではついに松坂桃李さんが登場し、衝撃の事実も明かされ話題に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられたコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVANT』公式サイト

 

第4話のあらすじ

システムを改ざんして誤送金を仕組んだ人物が、財務の太田(飯沼愛)だと突き止めた乃木(堺雅人)たち。野崎(阿部寛)ら公安は太田の自宅へ急行するが、すでに姿はなく。応酬物から太田が世界でも有名なカリスマハッカーだと判明するも、バルカや誤送金に関わった記録は一切出ず、彼女もまた誰かにだまされた可能性が浮上します。

一方、手術のためにジャミーン(Nandin-Erdene Khongorzul)とドラム(富栄ドラム)が来日。当初予定していた手術費用のサポートが受けられなくなり困っていた薫(二階堂ふみ)のため、乃木はクラウドファンディングで寄付を集めようと提案し、手続きなどの協力を買って出ます。

野崎たち公安は太田の裏にいる人物を洗い出すため奔走。長野専務(小日向文世)をあぶり出しすも不倫の事実しか認めず。全てを知る太田はおそらく拉致されており命が危ない――。そんな折、乃木はジャミーンが持ってきたバルカでの写真に、同僚・山本(迫田孝也)の姿を発見。山本がテロ組織“テント”のモニターであると疑い、野崎ら公安とともに山本をけしかけ太田の居場所に行かせる作戦を決行します。

バルカから戻っていた公安刑事・新庄(竜星涼)が尾行中、山本の姿が消失。山本の逃走に手を貸した男・黒須(松坂桃李)は、太田の居場所を聞き出し「こっちで始末しておく」と一言。しかし、男の正体は国内外で民間人に紛れて諜報(ちょうほう)活動を行う特殊部隊“別班”。さらに男が「先輩」と声をかけると、そこに現れたのは乃木でした。

乃木はもう一人の自分“F”と入れ替わると、山本に自白剤を打って“テント”について聞き出します。“テント”の最後の標的は日本だと山本。しかしリーダーのことは知らないの一点張り。これ以上聞き出せないと判断した乃木と黒須は、命に従うと言って山本を自殺に見せかけ殺害するのでした。同じ頃、太田を救出した野崎は何かがおかしいと違和感をおぼえ――。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVANT』公式サイト

 

予想外の急展開にネット熱狂

ついに待望の松坂桃李さんが登場。役どころは“別班”のメンバーで、乃木もまた“別班”の一員であることが明かされました。

X(旧Twitter)では、「なんだこのジェットコースターのような急展開」「何かと衝撃」「予想外すぎたー!」「先が読めなくて最高に面白い」「桃李くんは別班役やろうな〜とは思ってたけど、まさかの堺さん」「堺雅人さんと桃李くんの凄まじい演技に鳥肌」「バイオレンス乃木すき〜!」「乃木に忠実なワンコとしてそばにいる黒須たまらない」などのコメントが殺到。

また、「そもそも第1話からCIAに頼れる友人がいる時点で、何ともおかしな人物だったのだなと」「幼い頃に誘拐された際に生まれたのが“F”なる別人格ではないか」「バルカで逃亡中一度声を荒げてたことあったね!ダメ乃木演じてた説濃厚かな」「乃木も単純な愛国者なのかな?幼少期のトラウマっぽい記憶って国に見捨てられた感じだよね」など、乃木に関する考察が盛り上がりを見せています。

第5話では、山本の死に違和感を抱いた野崎は乃木に疑いの目を向けます。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかに――。“別班”としての乃木の次なる動きも気になるところ。物語がどう展開されていくのか、目が離せません。
 

『VIVANT』第5話 8月13日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】