『ハヤブサ消防団』第3話 増え続ける謎と恐怖演出がたまらない! 「どういうことよ」「皆怪しい」の声

8月3日に放送されたドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系)第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ハヤブサ消防団』公式サイト)。

中村倫也さん主演のドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系)。8月3日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ハヤブサ消防団
画像出典:テレビ朝日系『ハヤブサ消防団』公式サイト

 

第3話のあらすじ

ハヤブサ地区の町おこし動画の脚本を書き上げたミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)。以前とは違いはつらつと接する映像ディレクター・立木彩(川口春奈)との会話に心地よさを感じながら打合せを進めるも、彩は太郎に企画が町長NGにより頓挫したことを隠していました。

そんな中、太郎は写真を撮るのが好きだった父が遺したアルバムから、他の写真とは雰囲気の違う謎の美女(小林涼子)のポートレートを発見。シャクナゲの花を手にほほ笑む彼女の正体が気になる太郎。その矢先、東京から担当編集者の中山田洋(山本耕史)が来訪。中山田は消防団のメンバーとも居酒屋で遭遇し意気投合します。

翌日、山奥の渓流まで釣りに出かけた太郎と中山田は、帰ろうとして道に迷ってしまい遭難。その山は、かつてハヤブサで自殺した女性の幽霊が出ると言われていました。日が暮れて周囲が暗くなる中、人影とライトの光を見つけ声をかける2人。しかし2人に気付くと光は逃げるように消えてしまい、その直後、2人は謎の老女と鉢合わせて幽霊と勘違いし驚愕(きょうがく)。ほうほうのていの2人が太い山道に出ると、消防団の仲間である藤本勘介(満島真之介)と山原賢作(生瀬勝久)が心配して待っていました。

翌日、勘介が祖母を連れて太郎宅を訪問。祖母によると、写真の女性はかつて山で自殺した女性・ヤマハラリンコではないかと思ったが違うとのこと。面影が似ていることから、妾をしていたリンコが産んだ娘・ノブコである可能性が浮上。そんな話をしていると、賢作の家が火事だと報せが入ります。太郎たちも駆けつけて消火。賢作が仕掛けていた監視カメラの映像に、犯人の姿が映っていて――。

 

ハヤブサ消防団
画像出典:テレビ朝日系『ハヤブサ消防団』公式サイト

 

畳みかけるように増えていく謎……手加減なしの恐怖演出に称賛の声

山で遭難した太郎たちを不気味に見つめる「ルミナスソーラー」営業員・真鍋明光(古川雄大)。太郎に嘘をつき町おこし動画企画を進める彩。そんな彩は太郎たちが山で遭遇した謎の老女と親しい関係にあり、2人でヤマハラリンコと思しき遺影を見つめる様子がラストシーンで描かれました。

X(旧Twitter)では、「えー!もうどういうことよ」「皆が怪しく見える」「謎がどんどん増えてきた」「(放火犯の)あの帽子、消防団の帽子だよねぇ…」「ハヤブサ全体で何が起こっているのか予想できなくて面白い」「手加減なしの不穏&恐怖演出が止まらない!最高!」「ホラー、横溝正史、八つ墓村や犬神家のイメージという自己言及的セリフもついに」などのコメントが寄せられています。

第4話では、消防団メンバーとメールのやりとりをしている担当編集者・中山田からの情報で、町おこし動画企画が没になったと知ってしまう太郎。嘘をつかれていたことがやるせなく、彩と険悪な雰囲気に……。しかし、2人の関係にまさかの急展開が――⁉ 一方、連続放火の被害者にある共通点を見つけた太郎。話数を重ねるごとに増えていくハヤブサ地区と住民を取り巻く謎が、今後どう絡み合い明かされていくのか期待です。
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴