『VIVANT』第7話 堺雅人“乃木”、仲間を裏切る衝撃ラストに「さすがに作戦?」「あえて仕組んでる?」の声

8月27日に放送されたドラマ『VIVANT』(TBS系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:『VIVANT』公式サイト)

堺雅人さん主演のドラマ『VIVNAT』(TBS系)がまたもや衝撃の展開を迎えネットで話題に。8月27日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVANT』公式サイト

 

第7話のあらすじ

国際的テロ組織“テント”のサーバーから、次の会合情報を得た乃木(堺雅人)たち。乃木、黒須(松坂桃李)をはじめとする6名の“別班”精鋭部隊が、司令・櫻井(キムラ緑子)の下に集結し、テントの最終標的である日本でのテロを未然に防ぐべく作戦開始。乃木は別班メンバーに、テントのリーダーであるノゴーン・ベキ(役所広司)が自身の父であり、元公安の警察官・乃木卓だったことを打ち明けます。

次のミッションのためバルカへと向かう前、乃木は交際を始めたばかりの薫(二階堂ふみ)と穏やかな時間を過ごします。一方、公安の野崎(阿部寛)は、バルカ警察のチンギス(Barslkhagva Batbold)と手を組み、バルカ入りした乃木を徹底的にマーク。

野崎らをかわしながら、乃木たち別班はテントとの会合潜入に成功。テント側ではベキの息子である可能性のある幹部・ノコル(二宮和也)らが応対。ノコルを襲い人質にとったように見せかけた乃木は、突然、別班メンバーを狙撃。櫻井ら指令室と肩を撃たれた黒須だけが乃木の強行を見続けていました。

乃木はノコルに対し、自分がベキの息子であると告げ、ベキに会わせるよう打診。黒須とともにテントのアジトに連れて行かれ、捕らわれの身に。一連の乃木の行動が作戦なのかと問う黒須。乃木は否定すると、どうしても父に会いたかったからと身を縮めます。それだけの理由で国家を裏切ったのかと激昂する黒須。一方、他の別班メンバーらが残された地にたどり着いた野崎は、遺体から別班司令室との通信データを入手し――。

 

VIVANT
画像出典:TBS系『VIVNAT』公式サイト

 

乃木、まさかの裏切り行為にネット衝撃

精鋭ぞろいの別班がいよいよテントの真相に迫り日本を守る展開へと思いきや、まさかの乃木裏切りによる大どんでん返し。しかもその理由が「父親にどうしても会ってみたかったから」とは、黒須の憤りように共感せざるを得ません。しかし、愛を知らずに生きてきた乃木にとっては、国家を裏切ってしまうほど強い動機となりうるのでしょう。

X(旧Twitter)では、「流石に他の別班メンバーには伝えていて黒須には真実味を出す為にあえて黙っていたという作戦だとは思うけど…」「やっぱり乃木さん仕組んでる。ロシアの集団が人数も背格好も同じってのは出来すぎてる。てことは櫻井司令もご存知ということか」「てか緑子司令官も怪しいよな」「乃木野崎は協力体制になるのかな」「もしかしてテントって敵ではない?」「テントって別班の本部だったりして」などの考察コメントが殺到しています。

ノコルに捕らえられた乃木は、ついに父・ベキとの40年越しの再会を果たします。その出会いが、テントのリーダーであるベキ、幹部として彼を支えてきたノコル、そして別班を裏切った乃木をどんな未来に導いていくのでしょうか。いよいよテントの本当の目的が語られるのかも注目です。
 

『VIVANT』第8話 9月3日放送予告

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

『VIVANT』あらすじ&見どころバックナンバー

『VIVANT』第6話 テロ組織“テント”の非道な制裁に悲鳴 「ニノ…マジで⁉」「予想以上に怖かった」の声
『VIVANT』第5話 テロ組織リーダーまさかの正体に視聴者熱狂「やっぱり父!」「ニノと異母兄弟?」
『VIVANT』第4話 松坂桃李ついに登場&“乃木”堺雅人まさかの正体判明に「衝撃」「鳥肌」の声
『VIVANT』第3話 松坂桃李、未だ登場せずトレンド入り 「出演回数、松坂桃李<ラクダ」「面白すぎw」の声
『VIVANT』第2話 判明したVIVANTの意味とは? “乃木”堺雅人の謎行動も相まって考察過熱!
『VIVANT』第1話 大迫力の開幕! 隠れキャストも明かされファン歓喜「ニノ!?」「日曜劇場アベンジャーズ」の声
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」