「間宮祥太朗」が演じた好きな役ランキング! 2位「キサキ(東京リベンジャーズ)」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の381人に間宮祥太朗さんに関する調査を実施。本記事では、「間宮祥太朗さんが演じた好きな役」のランキング結果を紹介します!(サムネイル画像:映画『東京リベンジャーズ』公式Instagramより)

現在放送中の月9ドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)で、主演として水島健人役を演じている間宮祥太朗さん。間宮さんはこれまで多数の作品に出演し、さまざまな役柄を演じています。

All About ニュース編集部は7月7日~8月28日の期間、全国10~60代の381人を対象に、間宮祥太朗さんに関するアンケート調査を実施しました。今回はその結果の中から、「間宮祥太朗さんが演じた好きな役」ランキングを発表します!

>19位までのランキング結果
 

第2位:稀咲鉄太/キサキ(『東京リベンジャーズ』シリーズ)


2位には、映画『東京リベンジャーズ』シリーズで演じた「稀咲鉄太/キサキ」がランクインしました。

敵の立場である「愛美愛主(メビウス)」から不良集団「東京卍會(とうきょうまんじかい)」に入隊したキサキを演じた間宮さんは、作中での怪演ぶりが話題になりました。

回答者からは、「狂気的な表情をする独特なキャラクターが良かったからです(20代女性)」「独特の役で、キサキの役があっているため。展開を広げる役のため(20代男性)」「キサキでは少ない登場時間でも圧倒的な存在感でした。彼が冷酷で無慈悲であればあるほど、主人公が立ち向かう壁がどれだけ高いのかということが伝わり主人公により感情移入できました(40代女性)」といった理由が挙がりました。
 

第1位:難破剛(『ナンバMG5』)


今回の1位は、ドラマ『ナンバMG5』 (フジテレビ系)の「難破剛」でした。

この作品は、間宮さんがフジテレビ系ドラマで初主演を飾った作品。笑いあり涙ありの青春ドラマで、間宮さんは家族の前ではヤンキーながら、学校では真面目な高校生という二重生活をする役を演じきりました。回答者からは、以下のようなコメントが寄せられました。

「声色、話し方、瞳、佇まい、纏う空気まで色んな面を見られるところ(30代女性)」

「なかでも難波剛は忘れられない。あれは間宮祥太朗さんだからこそ、あのキャラが生きて見えました。ドラマなのに、見た後で友達と9話の話をしながら泣いてた自分に引きました(50代女性)」

「ヤンキー剛とシャバ剛のギャップ かっこいいとかわいいの共存(40代女性)」

「二重生活の葛藤を上手く演じていて素晴らしかった。友情や家族愛が素晴らしいドラマだった(60代女性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:19位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も