「ギャルじゃん!」仲里依紗、全身ピンクコーデでニューヨークを満喫! 「モテ確定」「かわちぃすぎる」

俳優の仲里依紗さんは8月26日、自身のInstagramを更新。全身ピンク色のコーディネートを披露しました。(サムネイル画像出典:仲里依紗さん公式Instagramより)

俳優の仲里依紗さんは8月26日、自身のInstagramを更新。全身ピンク色のコーディネートを披露し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:仲里依紗、全身ピンクコーデに反響】
 

「すごい似合ってて最高にかわいいです」

仲さんは「pink pink NewYork」とつづり、アメリカ・ニューヨークで撮影されたと思われる9枚の写真と1本の動画を投稿。ソロショットや妹のれいなさんとのツーショットなどを掲載しました。髪だけでなく、トップスやパンツ、そして靴などサングラス以外を全てピンク色のトーンで統一しています。

ファンからは「すごい似合ってて最高にかわいいです」「ピンクすぎる かわちぃすぎる」「最高最強姉妹」「ギャルじゃん!」「モテ確定」など称賛のコメントが寄せられました。

【こちらも読む→長谷川京子、美脚あらわなミニ丈ワンピ姿でニューヨークに立つ!
 

ピンクヘアを生かしたコーディネートをたびたび披露

6月11日の投稿で髪をピンク色にしたことを報告していた仲さん。それ以降はたびたび髪色を生かしたコーディネートを披露しています。8月12日の投稿では、いちごの柄が入ったピンク色のシャツにフランスのファッションブランド「ルイ・ヴィトン」のバッグを着用した姿を公開。仲さんのセンスの良さがうかがえます。今後もおしゃれなコーディネート紹介に期待したいですね。

【こちらも読む→仲里依紗、新ヘアスタイルはピンク色のウルフカット!
 

>次ページ:仲さんが過去に公開したピンクコーデも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」