「テレワークの実施率が高い都道府県」ランキング、1位は東京都。2位以下の順位は?

パーソル総合研究所は、全国の就業者20~59歳の約3万人を対象に「テレワークの実態とマスク着用をめぐる意識」に関する調査を実施しました。

テレワーク実施率が高い都道府県ランキング
テレワーク実施率が高い都道府県・低い都道府県は?
都道府県別就業時マスク着用率ランキングパーソル総合研究所は、全国の就業者20~59歳の約3万人を対象に「テレワークの実態とマスク着用をめぐる意識」に関する調査を実施しました。調査期間は、7月13~18日です。本記事では、「都道府県別のテレワーク実施率」を中心に紹介します。

>47都道府県の結果を見る
 

「テレワークの実施率が高い都道府県」ランキング 1位は「東京都」

「テレワークの実施率が高い都道府県」ランキングの1位は「東京都」(38.8%)でした。2位が「神奈川県」(33.1%)、3位が「千葉県」(27.4%)となっています。反対に、最も実施率が低い都道府県は「福井県」(2.4%)でした。

地域別で見ると、最もテレワークの実施率が高いのは「関東」(31.9%)で、次に「近畿」(19.4%)が続きました。
 

テレワーク実施率が最も高い職種は「Webクリエイティブ職」

テレワークの実施率を職種別に見ると、「Webクリエイティブ職」が64.5%で最も高い結果となりました。次に「コンサルタント」(61.4%)、「IT系技術職」(58.2%)、「企画・マーケティング」(49.1%)と続いています。

一方、「その他専門職」以外で最もテレワークの実施率が低かった職種は「営業事務・営業アシスタント」(23.5%)でした。
 

正社員のテレワーク実施率は22.2%。2020年4月以降で最も低い結果に

テレワークの実施率を雇用形態別に見たところ、トップは「正社員」(22.2%)。年別で見ると、2020年4月以降で最も低い結果となっています。

次に「派遣社員」(16.4%)、「公務員・団体職員」(12.9%)、「契約社員・嘱託社員」(12.4%)、「パート・アルバイト」(9.8%)と続きました。


>次ページ:47都道府県の結果を見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応