ナイナイ矢部の妻・青木裕子、長男撮影の40歳最新ショットが美しすぎると話題「美人」「ええ女や」

元TBSアナウンサーの青木裕子さんは8月10日、自身のInstagramを更新。40歳の最新ショットが美しすぎると話題を呼んでいます。(サムネイル画像:青木裕子さん公式Instagramより)

元TBSアナウンサーの青木裕子さんは8月10日、自身のInstagramを更新。美しすぎる最新ショットを披露しました。

【実際の投稿:青木裕子、息子が撮った40歳最新ショット】
 

「長男に撮ってもらいました」

青木さんは「仕事終わりに長男に撮ってもらいました」と、2枚の写真を投稿。雑誌『VERY』(光文社)のWeb版の撮影があったようで、帰りの駐車場と思われる場所ですてきな笑顔を見せています。息子が撮影ということもあってか、とても自然体な表情です。

青木さんは、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之さんの妻であり、2023年1月の誕生日で40歳を迎えました。現在も美しさをキープする青木さんのこの投稿には、「美人」「ええ女や」「お美しい」「いつもお綺麗ですね」「知的なお姉さんですね!」といった声が寄せられています。
 

『VERY』での上品なネイビーコーデ

雑誌『VERY』のInstagramでは、青木さんがモデルを務めたコーディネート写真を見ることができます。細身でスラッとしたスタイルは、まさにモデル顔負け。子育てと仕事を両立する青木さんの活躍が、これからも楽しみですね。
 

>次ページ:青木さんの美しいモデルショットも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」