『真夏のシンデレラ』主要出演者で「新たな一面が見られた俳優」ランキング! 2位「仁村紗和」、1位は?

真夏の海を舞台にした恋愛ドラマ『真夏のシンデレラ』。All About ニュース編集部は2023年7月13日~8月9日の期間、全国の男女227人を対象に同作に関するアンケート調査を実施。回答者が主要出演者の中で最も「新たな一面が見られた」と答えた俳優は?

月9として、夏の恋愛ドラマは7年ぶりと話題の『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)。真夏の海を舞台に、運命的な出会いを果たした男女8人が繰り広げる恋愛群像劇となっています。

All About ニュース編集部は2023年7月13日~8月9日の期間、全国の男女227人を対象に『真夏のシンデレラ』に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、同作に出演している主要出演者の中で「新たな一面が見られた俳優」ランキングの結果を紹介します!


>5位までの全ランキング結果を見る

 

第2位:仁村紗和


2位には、仁村紗和さんがランクイン。

2014年に芸能界デビューして以降、2016年放送のドラマ『明日もきっと君に恋をする。』(フジテレビ系)で初主演、同年公開の映画『無伴奏』で映画初出演を果たすなど、着実にキャリアを積み重ねてきた仁村さん。

昨クールの水10ドラマ『わたしのお嫁くん』(フジテレビ系)で見せた、個性強めなキャラクターの好演も記憶に新しいところ。今作では、18歳で産んだ息子を育てるシングルマザー・小椋理沙を演じています。

回答者からは、「わたしのお嫁くんしか出演作を知らなかったが、そのときのキャラクターとは違った演技で素敵だと思ったから」(兵庫県・30代女性)、「シングルマザーという役柄が今までにないイメージだから」(神奈川県・40代女性)といった意見が上がりました。
 

第1位:森七菜


1位に輝いたのは、主人公を務める森七菜さんでした!

2019年に公開された映画『天気の子』で声優としてヒロイン役を務めたのを機に、俳優としての評価を一気に加速させた森さん。2021年には、映画『ラストレター』で「第44回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞している実力派俳優です。

そんな森さんが今作で挑むのは、明るくて責任感が強く、困っている人を見ると放っておけない性格のヒロイン・蒼井夏海。同時に、男勝りでサバサバした面も持っており、森さんの新境地となる役どころとなっています。

回答者からは、「清純派のイメージでしたが、肌も黒く焼いていてすでに今までのイメージとは変わったから」(愛知県・30代女性)、「今まで大人しめで純粋な役が多かったけど、元気いっぱいな役も合ってる」(沖縄県・30代女性)などの声が聞かれました。

※回答者のコメントは原文ママです


>5位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望