『人志松本のすべらない話』で面白かった歴代MVSの話ランキング! 兵藤大樹「たっくん」を抑えたのは?

『人志松本のすべらない話』で面白かった「歴代MVSのすべらない話」ランキング! 2004年から2022年までに37回放送され、数え切れないほどの爆笑を呼んだ「すべらない話」の中でも、特に視聴者の記憶に残った伝説の「すべらない話」とは? ※サムネイル画像出典:フジテレビ公式X (c)フジテレビ

『人志松本のすべらない話』
『人志松本のすべらない話』(画像出典:フジテレビ公式X
(c)フジテレビ
2004年から2022年までに37回放送され、根強い人気を誇る番組『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)。お笑い芸人をはじめ、話術にたけた出演者が数多くの「すべらない話」を披露してきました。

All About編集部は、6月27日〜8月1日の期間、全国10〜60代の男女402人を対象に、「人志松本のすべらない話」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、『人志松本のすべらない話』で面白かった「歴代MVSのすべらない話」ランキングを紹介します。

>17位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:「たっくん」兵動大樹/第12回

第2位は、2007年放送の第12回で兵動大樹さんが披露した「たっくん」でした。兵動さんが家電製品店で出会った、とある親子のエピソード。「たっくん」と呼ばれる、やんちゃすぎる男の子に翻弄(ほんろう)される父親の様子が笑いを誘います。

回答者からは、「今でもたっくんと聞くだけで笑える(37歳女性)」「思い出すだけで笑えます(45歳女性)」「たっくん連呼が面白かった(41歳女性)」「リピートして見るくらい好き(25歳女性)」「やんちゃな子供と父親のやり取りを話術で面白くしたから(28歳男性)」など、親子の情景が兵動さんの話術によって、思い出しても笑える話として記憶に残っている人も多いようです。
 

第1位:「一等兵」兵動大樹/第17回

第1位は、2009年放送の第17回で兵動大樹さんが披露した「一等兵」でした。兵動さんがスポーツジムのお風呂で出会った見知らぬおじさんたちの話ですが、普段出くわすことがないシチュエーションに、兵動さんが抜ける声で歌い上げる“掛け声”がいつまでも頭に残る伝説のトークです。

回答者からは、「一等兵と二等兵と…の歌がしばらく頭から離れなかったから(48歳女性)」「一等兵の話が、リズミカルで今でも頭の中にたまに流れてくるほど印象に残っているので(29歳女性)」「なんど見ても爆笑する(44歳男性)」「兵頭さんの『一等兵』は未だに思い出しただけで、笑えます(43歳女性)」など、いまだに兵動さんの歌が忘れられないなど、鮮明に記憶に残っているとのコメントが多数寄せられました。

>次のページ:17位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」