『人志松本のすべらない話』で面白かった歴代MVS受賞者ランキング! 1位は兵動大樹、2位は?

『人志松本のすべらない話』で面白かった「歴代MVS受賞者」ランキング! 全国の男女402人を対象に実施したアンケート調査から、最も「すべらない話」を披露した出演者に贈られる「MVS」3回受賞の兵動大樹さんに次いだ2位は? ※サムネイル画像出典:FOD公式Webサイト (c)フジテレビ

『人志松本のすべらない話』
『人志松本のすべらない話』(画像出典:FOD公式Webサイト
(c)フジテレビ

ダウンタウン・松本人志さんが企画を務める『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)は2004年から不定期に放送され、今でも根強い人気を誇る番組。最も「すべらない話」を披露した出演者には「MVS」(Most Valuable すべらない話=最優秀すべらない話)が贈られます(第9回までは「MVP」)。

All About ニュース編集部は、6月27日〜8月1日の期間、全国10〜60代の男女402人を対象に、「人志松本のすべらない話」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、『人志松本のすべらない話』で面白かった「歴代MVS受賞者」ランキングを紹介します。

>14位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:小籔千豊

第2位は、小籔千豊さん。2007年に初出演し、あり得ない体験が爆笑を呼んだ「略礼服」(第13回)、「合コン」(第14回)、松本さんが「面白いけど、お前、悪いな~」と思わずもらした「スノーボード」、“そばやん”の名言を生んだ「天然の人」(第21回)など、数々の歴史に残る「すべらない話」を披露。今までに3回のMVSを獲得しています。

回答者からは、「あれだけ長い話を堂々とするメンタルに憧れる(21歳男性)」「真顔に近い顔で淡々と話すので聞きやすいし面白いし一番です(43歳女性)」「略礼服の話が面白くて忘れられない(44歳男性)」「ストーリー性のあるお笑いというのは初めてで、とても新鮮でした(46歳男性)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:兵動大樹(矢野・兵動)

第1位は、お笑いコンビ「矢野・兵動」のボケ担当、兵動大樹さんでした。2007年の第11回に初出場し、短いながらもテンポの良いトークに加え、しっかりとオチで爆笑をかっさらった「割れたガラス」でMVSを獲得。そのほか、MVSに輝いた「たっくん」(第12回)、「一等兵」(第17回)など、数多くの出演者によるトークの中でも伝説に残る「すべらない話」を披露しています。

回答者からは、「どの話もはずれがないし、切り口が日常の一コマって感じで面白い(48歳男性)」「彼が出会った面白い一般人の話が最高だ(48歳女性)」「平和なことしか喋らない。誰のことも悪く言わない(36歳女性)」「どの話も面白くて好きです。日常にそんな面白いことが起きるなんてうらやましいです(35歳女性)」など、誰の日常にもありそうなひとコマを題材にしたトークが人気を集めました。


>次のページ:14位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」