AIに負けない子の育て方 第2回

家族旅行を子どもの探究力を育む「旅育」に変える3つのポイント! “自分から学べる子”の育て方

子どもの興味関心を広げ、主体的に行動する力を育てるためには、何をしたら良いのでしょうか。「旅は子どもの脳にとって最高の刺激体験」という旅行ジャーナリストの村田和子さんに、長年の経験から導き出した、旅で子どもの生きる力を育む方法を聞きました。

旅育の様子を写真で見る

 旅育が最も効果的なのは3~9歳
旅育が最も効果的なのは3~9歳(画像:村田和子さん提供)
旅育。旅で出会った人との触れ合いが大きな学びに
旅での出会いが大きな学びに(画像:村田和子さん提供)
親も一緒に楽しむことも旅育では大切!
親も一緒に楽しむことも旅育では大切(画像:村田和子さん提供)


<記事に戻る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴