【24時間テレビ】2000年以降で印象に残っている「パーソナリティ」ランキング! 1位「嵐」、2位は?

All About編集部によるアンケート調査の結果から、2000年以降の『24時間テレビ』で印象に残っている「パーソナリティ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『24時間テレビ』公式Instagramより)

2023年8月26日と27日に放送される、チャリティ番組『24時間テレビ46』。メインパーソナリティは「なにわ男子」が担当し、チャリティパーソナリティには芦田愛菜さんなどが就任して番組を盛り上げる予定です。
 

今回All About編集部は、全国10~70代の500人を対象として『24時間テレビ』に関する独自アンケートを実施(調査期間:7月13~18日)。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「2000年以降で印象に残っているパーソナリティ」ランキングを紹介します。

 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:「ジャにのちゃんねる」二宮和也、中丸雄一、山田涼介、菊池風磨(2022年)

2位には、「ジャにのちゃんねる」がランクインしました。YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」を運営するメンバーである二宮和也さん、中丸雄一さん、山田涼介さん、菊池風磨さんの4人です。
 

それぞれがジャニーズ事務所に所属する人気アイドルではあるものの、YouTubeチャンネルの運営者がパーソナリティに就任したことで話題を集めました。また、二宮さんは嵐としての出演を含めると6度目の出演となり、番組史上最多出演者となりました。
 

4人はYouTubeチャンネルと同じくゆるい雰囲気で、深夜も含めて多くの企画に出演。オープニングでは嵐の『Happiness』を生パフォーマンスで披露し、総合司会の羽鳥慎一さんや水卜麻美アナウンサーと共に番組を盛り上げました。
 

アンケートの回答者コメントでは、「仲が良さそうなところが24時間テレビの趣旨と合っていて良かった(岐阜県/50代女性)」「YouTubeチャンネルのグループが担当すると考えていなかった(埼玉県/20代男性)」「直近で印象的だから(大阪府/40代女性)」といった声が寄せられました。
 

1位:嵐(2004年、2008年、2012年、2013年、2019年)

1位には、「嵐」がランクインしました。国民的人気を誇るアイドルグループの嵐は、これまで5回にわたってメインパーソナリティを担当。毎回さまざまな企画に挑戦し、各メンバーが印象に残る活躍を見せています。
 

相葉雅紀さんは、2004年に出演した際に、メンバーに宛てたサプライズの手紙を披露して話題に。また、チャリTシャツのデザインを大野智さんが担当するなど、嵐は24時間テレビに無くてはならないグループとして知られています。
 

メンバーは番組を通して東日本大震災などの被災地と関わりを持ち、多くの感動的な企画を実施。さまざまな形で、福祉に関する問題提起を行ってきました。
 

アンケートの回答者コメントでは、「24時間テレビといえば嵐が思い浮かびます(大阪府/30代女性)」「メンバー全員のトークと司会としての役割分担がうまい(千葉県/30代女性)」「嵐を語る番組で、よく相葉さんがメンバーに書いた手紙が放送されるので、印象に残っています(宮城県/30代女性)」といった声が寄せられました。
 

※回答者コメントは原文ママです

 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年に渡ってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」