今年の24時間テレビ、8割近くが「見ない」「分からない」と回答。その理由は?【2023年調査】

毎年夏に放送されているチャリティ番組『24時間テレビ』(日本テレビ系)。All About編集部ではアンケートを実施し、同番組を見たいと思っている人がどのくらいいるのかを調査しました。

『24時間テレビ』は見る?
今年の『24時間テレビ』は見る? 見ない?

毎年、日本テレビ系で夏に放送されているチャリティ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(以下・24時間テレビ )。2023年は8月26~27日に放送予定で、メインパーソナリティをジャニーズ事務所のアイドルグループ・なにわ男子、 チャリティパーソナリティを芦田愛菜さん、有働由美子さん、小泉孝太郎さんが担当します。
 

放送を目前に控え、All About編集部では番組に関する独自調査を実施。全国10~70代の男女500人を対象に、インターネット上でアンケートを取りました(調査期間:7月13~18日)。

 

8割近くが「見ない」「見るか分からない」と回答。理由は?

『24時間テレビ』を見たことはありますか?
『24時間テレビ』を見たことはありますか?

今回の調査では、24時間テレビを見たことがある人の割合は93%となりました。見たことがない人の割合に比べて圧倒的に多く、番組の認知度は高そうな印象を受けます。

2023年の『24時間テレビ』は見る予定ですか?
2023年の『24時間テレビ』は見る予定ですか?

一方、今年の放送を見るかどうかについては「見ない予定」と答えた人が40%を占めました。「分からない」と答えた人も37%となっており、「見る予定」の人が少数派となっています。
 

「見ない予定」と答えた人からは、「おもしろくないし、偽善者ぽい(50代女性/鹿児島県)」「内容に飽きてきたから(60代男性/千葉県)」「好きなグループが出てるわけでもないし、見る時間が無いから(20代女性/宮城県)」「すでに数年見ていないですし、面白くないため(50代男性/宮城県)」など、厳しい意見が寄せられました。
 

また、「テレビ自体をほとんど見ないため(40代女性/神奈川県)」「そもそもテレビをつけない、見てて不快(10代女性/福岡県)」「最近、テレビをみる習慣がないので(40代女性/東京都)」など、そもそもテレビを見ていないというコメントも多く見られました。

 

出演者や番組内容をめぐり、不信感を抱く人も

さらに、「ジャニーズがこれだけ問題になっているのに、メインパーソナリティーにそのままジャニーズ起用。見る気が起きない(30代女性/神奈川県)」「お涙頂戴で、番組に対して嫌悪感があるため(20代女性/神奈川県)」「マンネリ化しているから(50代女性/広島県)」など、出演者や番組の内容に関する批判も多く寄せられました。
 

これまで番組が実施してきたチャリティについても、「チャリティを餌に番組を作るのはどうかとおもうので(40代男性/大阪府)」「ボランティア目的ならテレビを見る必要はない(50代女性/高知県)」「24時間テレビにはもう期待していない、面白い番組も無ければチャリティも公正かどうか信用できないから(30代男性/神奈川県)」といった意見が挙がっています。

 

「見る予定」の人が期待していることは?

「見ない」派からは厳しい意見が多い一方で、今から「見る予定」を組んでいる人にはどういった理由があるのでしょうか?
 

「見る予定」と答えた人からは、「好きなタレントがパーソナリティだから(20代女性/三重県)」「大好きななにわ男子が出演するから(20代女性/静岡県)」「芦田愛菜さんが出るから楽しみなので(20代女性/埼玉県)」など、出演者が好きだからという声が寄せられました。特になにわ男子を応援したいと答えた人が多く、グループの人気ぶりがうかがえます。
 

さらに、番組の企画に期待している人からは、「夜中のバラエティーコーナーはおもしろいので夜中だけ見るつもり(20代男性/大阪府)」「マラソンを楽しみです(40代女性/大阪府)」「今年のドラマを見たいです(50代女性/山梨県)」「少なくとも『笑点』のチャリティー大喜利は見るから(40代女性/熊本県)」といった声が上がりました。
 

その他、「何やってるかなんとなくつけると思う(30代女性/大阪府)」「毎年見てるから(30代男性/静岡県)」「例年どおりの夏の過ごし方になりそうなので(50代女性/三重県)」など、24時間テレビを見るのが習慣化しているという人もいました。
 

※回答者コメントは原文ママです
 

>次ページ:『24時間テレビ』の平均視聴時間は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応