朝倉未来、ケラモフ戦を振り返り「ここで終わるわけにいかない」 HIKAKINも「頑張れ朝倉兄弟」とコメント寄せる

総合格闘家の朝倉未来選手が7月31日、自身のYouTubeチャンネルで30日のケラモフ戦を振り返る動画を公開し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:朝倉未来選手Instagramより)

総合格闘家の朝倉未来選手が7月31日、自身のYouTubeチャンネル「朝倉未来 Mikuru Asakura」で動画を更新。30日にさいたまスーパーアリーナで開催された「超RIZIN.2」で、ヴガール・ケラモフ選手と対戦した試合について振り返りました。
 

【実際の投稿:朝倉未来、ケラモフ戦を回顧「ここで終わるわけにいかない」
 

「悔しいっていう展開じゃなかった」

朝倉選手は今回の試合について、「悔しいっていう展開じゃなかった」「虚無感に近い」「自分にがっかり」とコメント。試合後のインタビューについても「話すことがないというか」と言葉を濁しました。
 

今後については「格闘技を一切俺の人生からなくすことはできないから、裏方に回ることも考えつつ」「またしっかり答えを出したい」と語った一方、「多分、やり返しにいきますよ」「ここで終わるわけにいかない」「もうちょっと頑張ろうかな」と、今回の試合結果による引退はしない内容を示唆しています。
 

HIKAKINさんも応援

動画のコメントにはYouTuberのHIKAKINさんが「頑張れ朝倉兄弟」とエールを送ったほか、「こんなに凹んでるの初めて見たかも」「絶対に辞めないで」「次戦期待」「ファンとして聞きたい言葉が聞けて安心」「まだまだ私たちに夢を見せてください」など多くのコメントが寄せられています。
 

試合当日の30日には自身のInstagramを更新し、「弱すぎた いま自分がすごくちっぽけに感じる」とつづり、31日に公開したYouTube動画では、「沢山の応援や、コメントありがとうございました。今回は結果が伴わずすみません また頑張ります」とテロップにつづり、ファンへメッセージを送っていました。
 



>次ページ:関連投稿などをもっと見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」