2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「K-POPアイドル」ランキング! 2位「東方神起」、1位は?

毎年大みそかに放送される『NHK紅白歌合戦』。All About編集部が実施した『紅白』に関するアンケート調査の結果から、2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「K-POPアイドル」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:「東方神起」公式Instagram)

毎年大みそかに放送されている『NHK紅白歌合戦』。その年に活躍した歌手やアーティストが出場する番組で、近年ではK-POPアイドルも多数選出されています。
 

今回、All About編集部は6月29日~7月21日の間に、全国10~60代の436人を対象として「紅白歌合戦」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「2023年の紅白歌合戦に出場してほしいK-POPアイドル」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

2位:東方神起

2位には「東方神起」がランクインしました。2004年2月に韓国でデビューしたグループで、日本では2005年4月ごろから本格的に活動を開始。抜群のルックスと卓越したダンス、華麗な歌声で大ブレークを果たします。これまで5大ドームツアーや神奈川・日産スタジアムでの公演なども成功させ、多くのファンを魅了してきました。
 

現在はユンホさんとチャンミンさんの2人で活動中で、2023年は約3年半ぶりのツアー「東方神起 LIVE TOUR 2023 ~CLASSYC~」を開催。6月28日にはニューシングル『Lime & Lemon』を発表しています。
 

『紅白』には、初選出された2008年から2011年までの間に3回出場。2023年は活動も活発に行われているので、ぜひ『紅白』の舞台で歌声を聞きたいところです。
 

アンケートの回答者コメントでは、「活動歴も長く、若い世代以外にも知名度があると思うから」(三重県/20代女性)、「最近は大人のセクシーさもあり好きです」(千葉県/30代女性)、「久しぶりに姿を見てみたいなと思うから」(埼玉県/40代女性)といった声が寄せられました。

 

1位:TWICE

1位に輝いたのは「TWICE」。サバイバルオーディション番組『SIXTEEN』にて選抜されたメンバーによる多国籍9人組ガールズグループです。2015年10月にミニアルバム『THE STORY BEGINS』で韓国デビューすると、2017年6月にはベストアルバム『#TWICE』で日本デビュー。抜群のルックスと、キャッチーで統率の取れたダンスパフォーマンスで大ブレークします。
 

2023年は、大阪・ヤンマースタジアム長居、東京・味の素スタジアムにて、「TWICE 5TH WORLD TOUR 'READY TO BE' in JAPAN」を開催したほか、5月31日には、日本における10thシングル『Hare Hare』をリリースするなど、精力的に活動中。さらに7月には日本人メンバーのMINAさん、SANAさん、MOMOさんによる3人組ユニット「MISAMO」がデビューし、ミニアルバム『Masterpiece』をリリースしました。
 

『紅白』には2017年から3年連続で出場し、2022年放送の第73回では3年ぶりのパフォーマンスを披露してくれました。2023年もぜひ出場してほしいところです。
 

アンケートの回答者コメントでは、「日本人が加入していてがんばっているグループが出場できればいい」(東京都/30代女性)、「TWICEは安定の貫禄パフォーマンスを期待」(神奈川県/40代女性)、「日本での知名度が高いので出場の可能性は高いです」(東京都/40代男性)といった声が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」