2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「ジャニーズグループ」ランキング! 2位「​​​​​​​KinKi Kids」、1位は?

毎年大みそかに放送される『NHK紅白歌合戦』。All About編集部のアンケート調査を基に作成した、2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「ジャニーズグループ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:Johnny's Entertainment Record公式Webサイト)

毎年大みそかに放送されている音楽番組『NHK紅白歌合戦』。放送時期が近づいてくると、世間の関心を集めるのが出場アーティストです。
 

All About編集部は6月29日~7月21日の間に、全国10~60代の436人を対象として「紅白歌合戦」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「2023年の紅白歌合戦に出場してほしいジャニーズグループ」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:KinKi Kids

KinKi Kids(画像出典:Amazon)
KinKi Kids(画像出典:Johnny's Entertainment Record公式Webサイト

2位は「KinKi Kids」。堂本光一さんと堂本剛さんによる男性デュオで、1997年7月にシングル『硝子の少年』、アルバム『A album』でCDデビューを果たします。
 

その後もリリースした楽曲が続々と大ヒットを記録し、テレビ番組の出演なども重なって国民的な知名度を獲得。2023年1月18日はシングル『The Story of Us』を発売し、さらにCDデビュー25周年を記念して『硝子の少年』から『The Story of Us』までの計54曲をTikTokで解禁しました。それぞれソロ活動にも精力的に取り組んでおり、光一さんはミュージカル俳優として、剛さんはシンガーソングライターとして長年活躍しています。
 

そんなKinKi Kidsですが、『紅白』に初出場を果たしたのは2016年。2回目の出場となった『第73回NHK紅白歌合戦』では『硝子の少年』を作曲した山下達郎さんからサプライズメッセージが届けられ、話題を集めました。
 

回答者コメントでは、「ジャニーズ事務所に残っている昔からのグループを見たい」(神奈川県/30代女性)、「歌が上手くて、どの世代の人にも響く曲を歌っている」(東京都/20代女性)、「ジャニーズを代表するグループはkinki kidsしかいない」(北海道/50代男性)といった声が寄せられました。
 

1位:Snow Man

1位は「Snow Man」。岩本照さん、深澤辰哉さん、ラウールさん、渡辺翔太さん、向井康二さん、阿部亮平さん、目黒蓮さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さんからなる9人組グループで、2020年1月22日に『D.D.』でCDデビューを果たしました。
 

アクロバットを取り入れたキレのあるダンスとキャッチーな楽曲で認知度を拡大しているSnow Man。2023年3月15日にはシングル『タペストリー/W』、5月17日にはアルバム『i DO ME』を発売し、いずれも大ヒットを記録しました。また、5月から7月にかけて初のドームツアー「Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME」を開催。今後は9月6日に9枚目のシングル『Dangerholic』の発売を控えており、目覚ましい活躍ぶりがうかがえます。
 

これまで『紅白』には2年連続で出場中。楽しく迫力のあるステージを披露し、観客・視聴者を沸かせています。
 

回答者コメントでは、「ジャニーズで1番活躍してると思うので」(神奈川県/40代女性)、「これからのジャニーズを引っ張っていくグループだから」(栃木県/50代男性)、「勢いもあるし、このグループを抑えて他のグループが出演しているのが想像できない」(愛知県/20代女性)といった声が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化