2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「男性アイドルグループ」ランキング! 2位「BTS」、1位は?

All About編集部では独自のアンケート調査を行い、「紅白歌合戦」に関するランキングを作成しました。今回は、2023年の紅白歌合戦に出場してほしい「男性アイドルグループ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:「BTS」公式Instagram)

大みそかに放送される、おなじみの音楽番組『NHK紅白歌合戦』。その年を代表する活躍を見せた歌手が出場し、例年大きな注目を集めます。
 

All About編集部は6月29日~7月21日の間に、全国10~60代の436人を対象として「紅白歌合戦」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が一足早く「2023年の紅白歌合戦に出場してほしい男性アイドルグループ」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:BTS

2位にランクインしたのは「BTS」です。RMさん、JINさん、SUGAさん、J-HOPEさん、JIMINさん、Vさん、JUNG KOOKさんの7人からなるボーイズグループで、2013年に韓国でデビューし、日本では2014年から本格的に活動を開始しました。
 

端正なルックスと圧倒的な歌唱力やダンスを武器に、現在は世界を舞台に活躍しています。『Dynamite』『Butter』などの楽曲は、日本や韓国だけでなく、アメリカでも大きな話題を呼びました。
 

アンケートの回答者コメントでは、「実力・人気ともに圧倒的だと思うから」(広島県/30代女性)、「ワールドワイドに移行していってほしいから」(愛知県/30代女性)、「いまは、メンバーが揃わないけど好きだから出て欲しい」(岐阜県/30代女性)といった声が寄せられました。
 

現在はグループ活動を休止しソロ活動がメインとなっているBTS。それでも2023年6月にはデビュー10周年記念のデジタルシングル『Take Two』を発表し、メンバー7人がそろう動画も公開するなどファンを大いに沸かせました。
 

1位:Snow Man

1位にランクインしたのは、「Snow Man」です。ジャニーズ事務所に所属する9人組グループで、メンバーは岩本照さん、深澤辰哉さん、ラウールさん、渡辺翔太さん、向井康二さん、阿部亮平さん、目黒蓮さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん。2020年1月22日に『D.D.』でCDデビュー後、音楽活動はもちろん、バラエティ番組やドラマ、映画など多岐にわたって活躍しています。
 

2023年には、5月から7月にかけて初のドームツアー「Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME」を開催。さらに、楽曲としては3月15日に『タペストリー/W』、5月17日にはアルバム『i DO ME』を発売し、それぞれ大ヒットを記録しています。9月6日には、9枚目のシングル『Dangerholic』をリリースする予定です。
 

アンケートの回答者コメントでは、「9人の個性あふれるステージをみてみたい」(神奈川県/40代女性)、「アクロバットがカッコいいから」(北海道/20代女性)、「個性的なメンバーで安定したグループです。最高のパフォーマンスを魅せてくれると思います」(広島県/50代男性)といった声が寄せられました。
 

紅白歌合戦には2年連続で出場中のSnow Man。昨今の大活躍を見れば、2023年の選出も間違いなさそうです。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化