【関東】実現してほしかった「未成線」ランキング! 2位「東京山手急行電鉄」、1位は?

LIFULL(ライフル)は、計画されながらも実現されていない鉄道路線「未成線」の人気ランキング(関東編)を発表しました。1位に選ばれたのは?

関東の「実現してほしかった未成線」ランキング(出典:プレスリリース、以下同)

1872年、新橋(旧:汐留駅)〜横浜(現:桜木町駅)間を結ぶ鉄道が開通。大正時代には好景気も後押しし、鉄路は全国へ広がりました。一方で、昭和恐慌などの影響もあり、計画倒れになった未成線も多くあったそうです。

不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」を運営するLIFULLは、関東の主要な12の「未成線」について、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の20~60代男女1100人にアンケート調査を実施しました。本記事ではその中から、得票数の多かった「実現してほしかった未成線」ランキングの結果を紹介します。
 

>12位までの全ランキング結果を見る
 

2位:東京山手急行電鉄

山手線の外側に環状線を計画した「東京山手急行電鉄」

2位には、山手線の外側に環状線を計画した「東京山手急行電鉄」がランクイン。大正時代に持ち上がったこの計画は、郊外へ放射状に延びる路線同士をつなぐ第2の山手線となる環状鉄道でした。ところが資金繰りがうまくいかず、計画は中止に。もし実現していれば、一度都心のターミナル駅を経由することなく、郊外へと移動可能だったかもしれません。
 

アンケートでは、「東京西部は南北の移動が困難」「城東地区は縦の路線がなく不便」「満員電車の緩和にもなりそうだし、車の外環のように便利そう」などの声が寄せられました。
 

1位:成田新幹線

羽田空港と成田空港を約15分で結ぶ「羽田・成田リニア新線構想」

1位に選ばれたのは、日本の2大玄関口である羽田空港と成田空港を約15分で結ぶ「成田新幹線」でした。現在羽田空港と成田空港間は、電車利用の場合、エアポート快特、アクセス特急で約1時間40分、京成スカイライナーで1時間10分以上かかる距離となっています。この距離をぐっと縮めることができたはずの「羽田・成田リニア新線構想」は、羽田空港~成田空港をリニアモーターカーが約15分で結ぶもの。首都圏各地からの空港アクセスの改善で、国際競争力もアップすることが期待されていましたが、高額な事業費により、具体化せず今日まで至っています。
 

アンケートでは、「乗り継ぎが楽になりそう」「成田空港が使いやすくなり、羽田空港の混雑緩和につながる」「インバウンド需要もあると思う」などの声が聞かれました。


>12位までの全ランキング結果を見る
 

この記事の筆者:チバ ミサキ
美大卒業後、新聞社などに勤務。デザイナー兼ライター。趣味は掃除と植木の世話。 暮らしかたも文章もシンプルさを目指していきたいです。  

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」