60歳女性、文字起こしの在宅ワークで年収100万円。人生の後悔は両親への介護、後ろめたさを抱える日々

All About編集部は、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったこと」などに関するアンケート調査を実施。人生の後悔、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額など、回答者のリアルな声に迫りました。本記事では北海道在住・60歳女性のエピソードを紹介します。


仕事、家庭、人間関係など、人生において「やらなくてもよかった」もしくは「もっと真剣に取り組んでおけばよかった」と感じることは誰にでもあるはず。

All About編集部は、2023年5月29日〜6月12日の期間、55歳以上の人を対象に「若いうちにやっておけばよかったと思うこと」についてアンケート調査を実施。20〜40代で後悔していることや、現役時代および現在の仕事の内容、貯金額などについて聞きました。

今回は、北海道在住・60歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&仕事の状況

回答者本人:60歳女性
属性(婚姻歴など):既婚、子どもあり
雇用形態:自営業
職種:専門職種の事務職(在宅ワーク)
現在の年収:100万円
現在の総貯金額:個人では60万円

仕事の具体的な内容については「専門職種の在宅ワークです。契約している翻訳会社から文字起こしの案件を紹介してもらい、主に文字起こしのリライトをしています。年に数回、特殊な機関の広報誌等の編集のお仕事をしています」と回答しました。
 

自分に合わない仕事に奮闘していた日々

若いうちにやっておけばよかったと感じていることは、「体力づくり」と回答。「30代と40代で病気をするので、筋トレほどではないですが、筋力アップをしていけばよかったと思います」と話しました。

一方、若いうちに頑張っていたけど、やらなくてよかったなと感じることを聞くと「合わない仕事を頑張って続けていたことです。広告編集プロダクションに勤務していた頃のことですが、プランナーとしてセールスプロモーション等の企画に日々奮闘していました」と告白。

続けて、「どんどん自分の中の企画力というか、引き出しが少ないのに無理して絞りだして、すり減っていったような気がします。提案することも好きでしたが、割と自分はものをつくりあげていく過程のほうが合ってるし好きだと、この後気づきました」と、仕事に対する後悔を明かしました。
 

たまに夢に父親が……介護に時間をかけられなかった両親への後ろめたさ

年代ごとに後悔していることを聞くと、20代後半から30代では「いわゆるスーパーモデルブームで、なおかつ、バブル時代だったため、ブランド物のバッグや小物を集めました」と話し、「プラダのバックやグッチの財布、エルメスのベルトにチョーカー、シャネルのスカーフにイヤリングなどなど。そこに使うお金が今になってみるともったいなかったなと後悔しています」と続けました。

40代で後悔していることを聞くと、「重い話になってしまいます」と語り始めた回答者。

「私は末っ子なのですが、40代で両親を病気で亡くしました。当時、私は自営業の夫の仕事の手伝いに忙しく、また子どももまだ10代で、手はかからなくなったけれども、やはり母親を必要とする年代。親の看護や介護に十分時間をかけられませんでした」と告白。

「本当は毎日病院に通いたかったですが、それもままならず、後悔というか後ろめたさを感じます。特に父親は脳梗塞で倒れ、数日間ICUに入っていたんですが、ずっと付き添うことができませんでした。亡くなった後、たまに父親が夢に出てきて、ハッとして起きることがあります」と語ってくれました。
 

若いうちにやれなくて後悔している“筋トレ”を実行中

新しく始めたいことを聞くと、「若いうちにやっておけばよかったと感じることと同じですが、筋力アップのための簡単な筋トレです」と話し、「スクワットや腕立て伏せ、片手で持てる小さなバーベルでのトレーニング、フィットネスバイクを漕ぐことを1セット約10分、週5回はしています。その後はもちろんホエイプロテインを飲みます」と、すでに筋トレを始めていることを明かしました。

さらに「効果はてきめんで、まず爪が強くなって、髪の毛にもハリが出てきました。そして全然疲れなくなりました。アンチエイジングには絶対いいと思います」と、筋トレを継続することで効果を感じていることを語ってくれました。

ほかにも、人生でこれだけはやっておきたいと思うことはあるかどうか聞くと、「あまりないのですが、小学校高学年から高校2年生まで続けていた音楽をもう一度やっておきたいです」と告白。

さらに「ギターとピアノをやっていたのですが、これからやるとしたら電子ピアノを弾いてみたいです。最近の音楽というより、これまでの人生の中で聞いてきた曲を弾きたいです。先日亡くなった坂本龍一さんの曲は、ぜひ練習したいです」と語ってくれました。


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない