のん(能年玲奈)、太ももあらわなミニ丈ワンピ&個性的ファッション公開! 「かっこいい」「衣装がいい」

俳優、アーティスト・のんさんは7月18日、自身のInstagramを更新。ミニ丈のワンピース姿で独特なファッションを披露しました。コメントでは「これは可愛い!」と、称賛の声が上がっています。(サムネイル画像出典:のんさん公式Instagramより)

俳優、アーティスト・のんさんは7月18日、自身のInstagramを更新。ミニ丈のワンピース姿で独特なファッションを披露しました。
 

【実際の投稿:のん、ミニ丈ワンピで太ももあらわ】
 

「めっちゃクールビューティー」

のんさんは「発売中のアートブックの為に、新作ribbon artを作った。その時のオフショット」とつづり、3枚の写真を載せています。1、2枚目はくすみカラーのピンク色のミニ丈ワンピースを着用した姿です。首や肩など、体の所々には深紅の装飾があしらわれています。独創的なファッションで、とても格好いいです。洋服からあらわになった太ももや二の腕も、とてもきれいに写っています。

コメントでは「脚キレイなのでミニもいいのよね」「どんどん綺麗になってる」「美しすぎます」「これは可愛い!」「衣装がいい」「素晴らしい」「本当に美脚」「めっちゃクールビューティー」「ミニが眩しい」「ん〜かっこいい」と、称賛の声が多数上がりました。
 

アートブックのオフショット

のんさんが公開したのは、13日に発売された自身のアートブック『Lula BOOKS Non』(ルラ ジャパン)のオフショットと思われます。同誌では、のんさんのさまざまな表情を捉えた撮り下ろしショットを掲載。また、のんさんが制作したリボンアート作品や、現在の思いをつづった直筆のセルフライティング集なども収録されています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。
 



>次ページ:『Lula BOOKS Non』の表紙も見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」