「裸でドレス」のん(能年玲奈)、“ドキドキするドレス”姿に「一瞬スケスケかと」「セクシーに観える」の声

俳優・のん(能年玲奈)さんが、7月5日に自身のInstagramを更新。ドキッとするようなドレス姿を披露しました。コメントでは「女神様ではないですか」と、称賛の声が上がっています。(サムネイル画像出典:のんさん公式Instagramより)

俳優・のん(能年玲奈)さんが、7月5日に自身のInstagramを更新。ドキッとするようなドレス姿を披露しました。
 

【実際の投稿:のん、裸に見えるドレス姿】
 

「未来の操り人形っぽい」

のんさんは「PURSUE TOUR - Zeep Hanedaまであと4日。アルバムビジュアル、オフショット」とつづり、自身の写真4枚を載せています。上半身にシルバーのきらびやかな装飾が施された、上が肌色で下が黒いドレスを着用し、さまざまなポーズを取る姿です。上半身はドレスの色が肌と同化していて、まるで裸のようにも見えます。一瞬ドキッとする、印象的な衣装です。

コメント欄では「セクシーに観える!!」「口元がかわいい」「未来の操り人形っぽい」「めちゃめちゃ美しい」「女神様ではないですか」「ドキドキするドレス」「一瞬スケスケかと思い焦りました」「かっけ〜」「お衣装最高すぎます」「裸でドレス」と、多数の反響が寄せられました。
 

ライブイベントを開催

のんさんは6月28日、2ndフルアルバム『PURSUE(パーシュー)』を発売。このリリースを記念し、7月9日にはZepp Haneda(東京都大田区羽田空港)でライブイベント「PURSUE TOUR  - 最強なんだ!!! -」を開催します。同イベントは17日、梅田クアトロ(大阪府大阪市北区)でも実施予定。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。
 



>次ページ:アルバム『PURSUE』のジャケット写真も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応