「今年還暦と聞いて驚いた」男性有名人ランキング! 2位「浜田雅功」を抑えた1位は?

All About編集部は、「50~60代の有名人」に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では「今年還暦と聞いて驚いた男性有名人」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:浜田雅功の旅日記の公式Instagramより)

年齢を重ねても活躍するタレントは多く存在します。還暦を迎えている有名人の名前を聞いて、「全く還暦に見えない!」と驚くこともしばしば。

そこで、All About編集部は6月15~20日、全国10~60代の500人を対象に「50~60代の有名人」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「今年還暦と聞いて驚いた男性有名人」ランキングを発表します。

なお、2023年の誕生日で還暦になる男性有名人も含まれています。

>11位までの全ランキング結果を見る
 

2位:浜田雅功(ダウンタウン)

2位は、1963年5月11日生まれの浜田雅功さんでした。本記事公開の2023年7月時点では、すでに還暦を迎えています。1982年に松本人志さんとコンビを結成し、「ダウンタウン」として活動をスタート。若手時代から人気を獲得し、数多くの大ヒット番組を作り出しています。

また、日本を代表するツッコミ芸人、司会者として知られ、現在でも『プレバト!!』(TBS系)、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)、 『オオカミ少年』(TBS系)などに出演。「ダウンタウン」としても多くの番組に出演し、日本を代表するお笑い芸人として君臨しています。

浜田さんは若々しいイメージが強いので、還暦を迎えたと聞いて驚く人が多いようです。そんな浜田さんですが、妻の小川菜摘さんらに還暦を祝われたことがニュースとなったばかりです。

アンケートの回答者コメントでは、「昔から見ている人がもう還暦なんだと思いびっくり」(大阪府/40代男性)、「若いときより丸くなったけど、大御所感も出さずに頑張っているから」(東京都/30代女性)、「小さい頃から見てた芸人さんなので若いイメージのままの印象」(三重県/40代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:唐沢寿明

1位は、1963年6月3日生まれの唐沢寿明さんです。本記事公開の2023年7月時点では、すでに還暦を迎えています。早くからアクション俳優として活動を開始した唐沢さんは、1988年のNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』や、1989年に放送したNHK大河ドラマ『春日局』への出演で人気を集めます。

その後、1992年に放送されたドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ系)が大ヒットを記録し、一躍人気俳優に成長します。さらに、『美味しんぼ』『白い巨塔』(ともにフジテレビ系)などの大ヒットドラマや、映画『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『本格科学冒険映画 20世紀少年』など話題作に出演。また、映画『トイ・ストーリー』シリーズではウッディ役の声優を担当し、国民的な人気を集めています。

そんな唐沢さんは、2023年7月9日からドラマ『フィクサー Season2』(WOWOW)で主演を担当する予定です。

アンケートの回答者コメントでは、「エネルギッシュな感じがあり、40~50代に見えるため」(北海道/40代女性)、「還暦という節目を感じさせない若さのようなものがある俳優だと思います」(埼玉県/30代女性)、「見た目や演技、スタイルなどがほとんど変わらない」(秋田県/50代男性)といった声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです


>11位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」