「ママ」だと知って驚いた芸能人ランキング! 3位「清野菜名」、2位「北川景子」、1位は?

活躍している俳優やタレントの中には、プライベートをあまり公開していなく「ママ」だと知って驚いた人もいるのではないでしょうか? 今回は、全国の男女500人にアンケートを行い、ママだと思っていなかった芸能人を教えてもらいました。

北川景子さん(画像出典:プレスリリース)
北川景子さん(画像出典:プレスリリース

私生活も仕事も大切にして、大活躍をしている「ママ芸能人」たち。子どもが産まれたことで、より表現力が上がっている俳優もいます。
 

All About編集部は1月19~25日、全国10~70代の500人を対象に「ママ芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「ママだと知って驚いた」芸能人のランキングを紹介します。早速、順位を見ていきましょう。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:清野菜名

第3位は38票の「清野菜名」さん。1994年生まれ、愛知県出身。2007年からファッション誌の専属モデルとして活躍し、その後俳優に転身します。アクションもこなせることで人気となり、『TOKYO TRIBE』や『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』など映画をメインとして活躍。プライベートでは、2020年に俳優の生田斗真さんと結婚し、2022年3月に第1子を出産しました。2022年は映画出演が続き、『キングダム2 遥かなる大地へ』、『異動辞令は音楽隊!』、『耳をすませば』、『ある男』などに参加。あまりの活躍ぶりに、ママだと知らない人が多いようでした。
 

投票者からは、「子供アピールしてないから」(群馬県、40代女性)、「生田さんと結婚した時の記憶しかなく子供がいるのを知らなかった。いいママパパになっていそう」(大阪府、20代女性)、「まだ若いので驚いた」(北海道、50代男性)などの声が上がっています。
 

2位:北川景子

第2位には、41票で「北川景子」さんがランクイン。1986年生まれ、兵庫県出身。2003年に、ファッション誌のモデルとしてデビューし人気を集めます。俳優へ転身してからは、『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)、『家売るオンナ』(日本テレビ系)などに出演。現在は、月9ドラマ『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系)で主演を務め、さらにNHK大河ドラマ『どうする家康』にも参加しています。
 

私生活では、2016年に歌手・タレントのDAIGOさんと結婚し、2020年に第1子を出産。SNSなどで、あまりプライベートを公開していないので、子どもがいることを知らない人も多いようです。
 

投票者からは、「この問題を見て初めて子どもがいることを知りました」(広島県、40代男性)、「キレイすぎてお母さんに見えない」(兵庫県、20代男性)、「疲れを感じさせない」(大阪府、30代男性)などの声が上がっています。
 

1位:川栄李奈

第1位には、56票を獲得した「川栄李奈」さんが輝きました! 1995年、神奈川県出身。2010年にAKB48の11期研究生として芸能界デビューしました。バラエティ番組などで人気を獲得し、グループ卒業後は俳優として活躍。2022年には、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で3代目ヒロイン・ひなたを担当して、演技力の高さが話題を集めました。
 

私生活では、2019年に俳優の廣瀬智紀さんと結婚。同年11月に第1子を出産し、さらに2023年1月1日には第2子の妊娠を発表しています。若々しいイメージが常にあるので、ママだと知って驚く人が多いようです。
 

投票者からは、「役柄からか未だお若くて未婚だと思っていました」(神奈川県、60代女性)、「あどけない可愛い顔立ちで、子供がいるように見えない」(大阪府、40代女性)、「まだまだ子どものイメージがある」(岐阜県、30代女性)などの声が上がっています。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

【おすすめ記事】
「ママ友」になりたい芸能人ランキング! 3位「杏」、2位「辻希美」、1位は?
好きな「20代のママ芸能人」ランキング! 3位「清野菜名」、2位「武井咲」、1位は?
好きな「30代のママ芸能人」人気ランキング! 3位「仲里依紗」、2位「杏」、1位は?
好きな「40代のママ芸能人」人気ランキング! 3位「乙葉」、2位「菅野美穂」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性