実は「50代と聞いて驚いた」女性有名人ランキング! 2位「YUKI」、1位は?

All About編集部は、「50~60代の有名人」に関する独自のアンケート調査を実施。「実は50代と聞いて驚いた女性有名人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:YUKIさん公式Instagramより)

一般の人と比べると、芸能人は若々しく見える人が多いですよね。活躍している芸能人の年齢を聞いて、驚いたことがある人も多いのではないでしょうか?

All About編集部は6月15~20日、全国10~60代の500人を対象に「50~60代の有名人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「実は50代と聞いて驚いた女性有名人」ランキングを発表します。

なお、2023年の誕生日で50歳になる女性有名人も含まれています。

>16位までの全ランキング結果を見る
 

2位:YUKI

2位は、ミュージシャンとして活躍するYUKIさんです。1972年2月17日生まれのYUKIさんは、本記事公開の2023年7月時点で51歳。1993年にロックバンド「JUDY AND MARY」のボーカリストとしてデビューしています。数多くの大ヒット曲を生み出し、国民的な人気を獲得します。

個人活動では、2002年2月にシングル『the end of shite』でソロデビュー。バンドとソロで東京ドーム公演を行った史上初の女性シンガーとなり、現在でもカリスマ的な存在感を放っています。

2022年には、ソロデビュー20周年を記念して全国ツアーを開催。ファイナルとなる日本武道館公演の本編を、全国80カ所の映画館で体験できる『YUKI concert tour “SOUNDS OF TWENTY” 2022 日本武道館 <You ain't seen nothing yet>』が、2023年7月21~22日に上映予定です。

アンケートの回答者コメントでは、「歌声や作る曲調がいまでも若々しいから」(秋田県/50代男性)、「ビジュアルが30代のままで止まっている。可愛い系のお顔なので」(長野県/30代女性)、「童顔で可愛らしいのと、いつも元気いっぱいで歌っている印象が強い」(神奈川県/40代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:松嶋菜々子

1位は、俳優として活躍する松嶋菜々子さんです。1973年10月13日生まれの松嶋さんは、本記事公開の2023年7月時点で49歳。ファッション雑誌『ViVi』(講談社)の読者モデルや、キャンペーンガールなどの仕事で注目を集めました。1996年には、NHK連続テレビ小説『ひまわり』でヒロイン役に抜てきされ、俳優としての仕事を本格化させていきます。

その後は、大ヒットした映画『リング』の主演や、高視聴率を記録した『百年の物語』(TBS系)、『やまとなでしこ』(フジテレビ系)などのドラマを中心に大活躍。2002年には、NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で主演を担当し、朝ドラと大河作品の両方でヒロインを務めた史上初の女性俳優になりました。

その後も出演作は続き、2023年4~6月にはドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)に出演。「第34回日本ジュエリーベストドレッサー賞」では40代部門を受賞し、20代、30代に続き3度目の栄誉を獲得して、その美しさが話題となっています。

アンケートの回答者コメントでは、「歳を重ねても変わらない美貌だから」(愛媛県/20代女性)、「透明感があり、清楚なイメージをそのまま持ち続けていて若々しい」(三重県/40代女性)、「今でも綺麗だし大げさかもしれませんが昔と変わらないからです」(宮城県/40代男性)といった声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです


>16位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在