剣を振って敵を倒す圧倒的没入感! SNSで話題の武器メーカーが作る「体験型ゲーム」の構想から完成まで

話題のファンタジー武器を手掛ける匠工芸が、剣を振って敵を倒せる体験型ゲームを社内に設置したとのこと。RPGファンの間で注目を集める匠工芸について、代表取締役の折井匠さんに取材した。

今、世間をにぎわせている人気作品「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」(任天堂)など、世界中で愛されているファンタジーゲーム。主人公が振るう剣に憧れを抱く人もいるかもしれないが、なんとファンタジー武器が兵庫県のコンビニで購入できると注目を集めている。
 

コンビニで販売されているファンタジー武器 ※画像は匠工芸公式Twitter(@takumikougei)より
コンビニで販売されているファンタジー武器 ※画像は匠工芸公式Twitter(@takumikougei)より


商品を手掛けるのは兵庫県高砂市にある匠工芸。プラスチック加工を専門にしている会社だが、近年さまざまなファンタジー武器を手掛け話題となっている。そんな匠工芸がこのたび、剣を振って敵を倒せる体験型ゲーム「Tale from Evangelium(テイル・フロム・エファンゲーリウム)」を社内に設置したとのこと。代表取締役の折井匠さんにお話を聞いた。

 

ひたすら剣を作り続けていたらある日……

――まずは、武器作りを始めたきっかけについて教えてください。

折井さん(以下、折井):「NCルーター」というアクリル加工ができる機械に運命を感じたのがきっかけです。コンピューター制御で図面通りに切断したり彫刻したりできる機械で、「これがあれば子どもの頃のワクワクが再現できる!」と思って。ただ、当時は高額なNCルーターを買う余裕はなかったので、周囲の反対を押し切って起業しました。最初はなかなか軌道に乗らず苦労しましたが、ひたすら大好きなRPGゲームに出てくるような剣を作り続けて精神の安定を図っていました。

――その後、どのように軌道に乗ったのでしょうか。

折井:2017年に作った小さな武器「ロミニングカトラス」が話題になりました。また、コロナ禍では、飛沫防止用のアクリル製パーティションをアイデアで面白くすることで、バズったりもしました。
 
SNSで話題になったパーティションの一つ
SNSで話題になったパーティションの1つ
 

>次ページ:いざ、体感型ゲーム「Tale from Evangelium」に潜入!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望